welcome to Sweetest Drug !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

LA旅行記@CLUB NOKIA
さて、いよいよこの旅の一大イベント。

JIN AKANISHI、Yellow Gold Tour 3010 in L.A!!!



続きよりどうぞ。
スポンサーサイト
続きを読む














HOLLYWOODからCLUB NOKIAまで移動。
無事に会場に着いて、別でこっちに来ていたお友達のBちゃんとRさんとAさんと合流。
RさんとAさんとは三重で一度お会いしただけなんですが、何しろ5人になって初めてのコンサートを見たのが三重だったので、テンションがた落ちで。。。
赤福とかおいしいものたくさん頂いてたのに(笑)ろくにお話もできていなかったはじめまして。
でも、今回きちんとお会いできて良かったですー!!!



チケットの引き換えにすごく手間取って(ほんと、要領悪すぎってみんな怒ってたよ!)。
でも、あたし達は2グループでいた分すごくスムーズに出来てよかったです。


グッズは会場内でしか売らないのかと思ってたら、会場外でも売り出して。
ちょうどチケット引き換えで近くに並んでたから、並びながらグッズも見に行ったりして。
そしたらそしたら、ポスターDなんてのが出てるじゃありませんか!!!
しかも、超ーーーかっこいいの!!!!
大興奮しながらお友達とバトンタッチして、二人してかっこいいかっこいいとギャーギャー騒ぐ(笑)




チケット引き換えが終わってからグッズに並んでいたんだけど、進むのが遅い!!!!
みんながびっくりするぐらい大量に買ってるというのもあったし、スタッフの人数が少ないというのもあったし、とにかくすごく時間がかかってました。
途中開園までに間に合わないんじゃないかと思ったけど、ギリギリセーフで買えました。



グッズを買ってからお友達のBちゃんを待ってるときに、グッズの長蛇の列を見てすごい不思議そうにしていた現地の人が話しかけてきて。



『これ何の列?日本人なの?』って聞かれたから、『今日はコンサートがあるんだよ。ここの人たちは日本から来てるんだ』と説明。
そしたら、一緒にいた他の人が『誰のコンサートがあるの?』と。
迷わずあたし、


JIN AKANISHI-!!!!



あぁ、これを大きな声で言える幸せったらないわ(*´∀`*)




『誰?なんて?』みたいに二度聞きされる。
そこでまた、



JIN AKANISHI-!!!!
(とにかく、言いたいw)



そしたらね、『あぁ、知ってる!!○○のお店にポスターあった!!』って言ってくれたの!!!
他の人たちが『どこ?どこにそんなのあった?誰よ誰?』みたいに話してたら、『ほらー、あそこのお店にあったじゃない!日本からポップスターが来るって。JIN AKANISHIだって!!』ってお話しててね。
嬉しいよねー!!
ちゃんとポスター、見てもらえてたんだね!!!


『ここの人たちはみんな日本から来たの?わざわざこのために?』って驚かれたけど、『あたしもそーよ!バカでしょ♪』ってお話して(笑)
さらにあたしが持ってる大量のグッズを見て(ポスター、19枚持ってたもん)、すごい驚いてたけど、『いいわねー!じゃあ今からワクワクね!楽しんできてね!』って言ってもらえました。
よし、これで3人にJINの名前をインプットしてやったわ ( +・`ω・)b




グッズを買って入場待ちの列に戻って、とにかくポスターを一緒にまとめて巻き巻き作業をしていたら、すぐに入場が始まり。
セキュリティーチェック、そんなに厳しくなかったよーう♪
そして、いよいよ入場!!!




せまーーーい!!!!
やばーーーい!!!!
ちかーーーい!!!!



もう、ふぅふぅでした!



開場してから手首にバンドを巻いてもらって、もう一度さらにそのチェックがあって中に入れるようになってるんですね。
そのときの係りのお兄さんが、大量のグッズをみてびっくりしてて!
あっちではこんなにバカみたいにグッズを買う人はいないのかしら。
ヲタだけの習性なの??
とにかくびーーーっくりしてて(笑)
『それ全部自分の??』ってあたしの顔とグッズを交互に見るように言われて、『友達のもあるの』と言ったら、『あぁ、いいお土産だね♪』って。
でしょーがでしょーが。
この上ないお土産だよね、ほんと(笑)



それからは場所取りして、前から5列目くらいを確保!!
もーぉね、本当に近いんです。
始まる前、斜め後ろの人たちが(たぶん現地の人なのかなー?)話してるのが聞こえて。
ファンとそこまでファンじゃないけど来てみたっていう感じの二人組みだったんですが、仁についてとっても詳しく知っていて(ファンの子の方が)色々お話してて、それ聞いてたファンじゃない子が『へぇー、いいねいいね!』みたいに話してたの。
で、『彼の英語も聞いたけど、結構上手にしゃべるよねー』って褒めてたよ!
やったねー♪


あと、始まる前から一人すーーっごい盛り上がってる黒人の男性がいて。


いぇぇぇーーい!!
じんあかにしーー!!!
ふぅぅぅーーー!!!
みんな、仁だよ仁ー!!!
始まるよーー!!!
ふぅぅぅぅーーー!!!



って言いながら、一人でダンシンダンシン♪
それ聞いてた後ろの二人組みが、『HAHAHA...Not yet.』なんて冷めた笑いでばっさり突っ込みいれてた(笑)




もちろん日本人も結構いて、前の方はほぼ日本人が占拠。
だけど、海外の若い子達も結構見かけました。
二階席の一番前には、お偉いさんみたいな人が腕組みして座ってたり。
仁、頑張れー!!って思いました。



いよいよ始まるPARTY TIME!!!!

な・ん・で・す・が・・・・



もう全くといっていいほど記憶がなくなっているもので、せっかく行ったのに情けないんですが自分でも夢だったんじゃないかと思うくらいで。
レポができません(涙)
ただ、詳細なレポはお友達のびぃちゃんがしてくれているのでそちらをぜひぜひご覧ください。
よく覚えてたね!ってくらいの詳細なレポ。
そして仁担ならではのツボで書いてくれてるのが面白い(笑)
きっと共感を得るはずです♪
あと、びぃちゃんともリンク貼らせてもらったのでまた遊びに行かれてみてください!!


びぃちゃんレポは→こちら




覚えてるのはね、始まる前に二人ダンサーさんが出てきて、声だしの練習。



I wanna ROCK!!!

Right Now!Right Now!


って繰り返してみんなで言ってたよ。
声が小さいのか、MAKE SOME NOISE!!!!!って事あるごとに言われ続けて、そのたびに『ふぅーふぅー!!』と叫ぶもんだからのどが痛くて(苦笑)


仁さんが登場したときの歓声の大きさったら!!!
でも本人、めーっちゃフランクに登場してきてんの(笑)
日生のときと変わってないや、良かった。


久しぶりに見た彼は、相変わらずかっこよくて。
だけど、やっぱりたくましくなってて。
キラキラしてて。
ギラギラもしてて。



この上なく赤西仁、でした。




ダンス、上手くなってたなー。
練習たくさんしたんだろうな。
もうね、本当にかっこよかったの。
あたし、この人好きになって良かったって、出てきた一瞬でそう思えるくらい。
最高にかっこいい男になってました。



途中MCで『このコンサートのために新曲を3つ書いたんだ。さっき歌ったやつと、これから歌う1曲?あれ?2曲?』みたいに、ちょっとうだうだになるときがあって、英語になっても奴は変わらないなと安心しました。
周りの外人さんも、そんな彼を愛でてたよ(笑)



あと、すごく近かったのもあって仁さんの始まる前の緊張した表情とか、大きく深呼吸するとことか、ペロッて舌を舐めるとことか、そーゆーのが全部見れて、ますます好きになりました。
赤西仁も、緊張するんだな、と(笑)

力を入れて歌うときの、血管がぶわぁーーって浮き出てるのとか。
ちょっとしたマジックの直前の緊張して何回も仕掛けを確認してるとことか。
ダンサーさんと楽しくおどるとことか。


全部全部見れて、本当にLAまで来て良かったなと心底思いました。

あと、仁が飲んだペットボトルの水を会場に撒き散らしたときがあって。
手の甲に落ちてきた仁WATER!!!
初めてのことで若干戸惑う&興奮しながらも、次の瞬間反射的に刷り込んでました。
すごいね、ツルツルになった気がする(笑)




最期にTHANK YOUと挨拶して、やっぱりCiaoと言ってはけていく赤西仁。
可愛いなー、もう。



ライブが終わってから、興奮冷めやらぬまま後ろのバーカウンターへ。
例のLOVE JUICE(カクテル)があって、みんなで飲もうってなったんだけどもうオーダーストップされてて。
『もう終わりなのー?絶対だめー?』っておねだりしてみたけど、『NO』って(笑)
でもね、特別に作ってもらえました♪


みんなでCheers!!!


P1050826.jpg



これがLOVE JUICEです。
He lips produce・・・と信じたい(笑)
味は、甘くておいしかったとしか覚えてないの。
向こうではアルコール類を外で飲むことは禁止されてて、だからこれ全部中で飲まなきゃいけなくて、焦って一生懸命飲んでたらすごい勢いで酔いが回り。。。
その後は、もうぐでんぐでん。
警察に捕まるんじゃないかってくらい、アホな感じで酔っ払ってました。



グッズ購入のためにRさんが並んでて、あたしと友達は『帰っていいよ』と言われてたけど、楽しすぎてこのまま帰る気なんて全くなくて、図々しく隣に並んでギャイギャイ騒いでました(ごめんなさーい)



そーしてたら、またグッズの列を見て不思議そうにしていた現地の外人さんが、近くの人に『これって何の列?』と話しかけてて。
でね、まーったくあたしはその会話には関係のない存在だったんですが、酔っ払いって怖いのね、フラ~とその2人のとこにいって会話に入ってました(笑)



じゃぱにーずぽっぷすたぁー!!
じんあかにしー!!!
ふぅーー!!!


みたいなテンションだったかなぁー。
あんまり覚えてないなー。



ちょっと仁のことを話した後にバイバイしたんだけど、その人がもう一回戻ってきて『彼の名前なんだっけ?』って聞いてくれたの!!
聞いてくれたってことは、覚えようとしてくれたということでしょうか!!!
ここでも答えたさ、



JIN AKANISHI-!!!!



あぁ、なんて素敵な響き(*´∀`*)




それから無事グッズも購入して帰ろうと歩いていたら、出待ちの人々が。
仁が出てくるのかなーなんて思いながら、近くの警察官に何の列かを聞いたら、『普通はここからムービースタートかVIPが出てくるのよ。』と教えてくれました。
それはまさしくJIN AKANISHIのことでしょうと思ったけれど、『ここで待っちゃダメよ♪』って言われたのでいい子に帰りました。


タクシー呼ぶために近くのホテルまで移動してたんだけどね、その移動中さえ超楽しくてね。
前を歩くBちゃんの千鳥足に笑わせてもらいつつ(あれが千鳥足というのね)、タクシーを呼んでBちゃんAさんRさんとはバイバイ♪
明日のディズニーも一緒に行く約束をしてたので、バイバイが寂しくなくて良かったです。



うちらもホテルに戻ってから、宝の山分け。
グッズを一緒に買ってたから、それの分配をしてたんだけど、酔っ払ってたのもあってテンション高すぎてホテルに戻ってからもうちらずっと英語で会話してたのよね(笑)
ポスター数えるのとかも、

わんー♪
つー♪
すりー♪

いえっす♪♪



みたいな(笑)
なんかスイッチが入ると英語がばぁーって出てきちゃう。


おーまいがー!
おーまいがー!


と今日のコンサートの感想を2人で言いつつ、とってもいい時間でした♪
その後は、言うまでもなく爆睡でしたが(笑)



とりあえず二日目の日記はこれにて終了。
たいしたこと書いてないのに、何か長いなこの日記。。(ごめんね?)
category : LIVE  comment : 0  track back : 0

たっちゃんコンと踏んだり蹴ったり

お久しぶりですー!
さゆりんです。



今日と昨日と、たっちゃん神戸コンサートに参加してまいりました。
オーラスにも参加させてもらえたのですが、すっごいすっごいすっごーーーーーーい良いコンサートでした。
楽しそうに、本当に楽しそうに、幸せそうにステージに立ってるたっちゃんを見て、良かったなーと胸がいっぱいになりました。




自分の好きなことを表現できる幸せ。
それを一緒に作り上げる仲間がいることの幸せ。
そして、それを味わい楽しみ共感してくれるファンがいることの幸せ。



たくさんの幸せを感じながらひとつのステージを立派に作り上げたたっちゃんは、本当にかっこよかったしキラキラしてました。
素敵な時間をありがとう、たっちゃん。



レポあげたいのだが、メモをとってないのです。
とりあえず、お客さんの突っ込みにちょこちょこ相槌をとってくれる彼にとっても親近感が沸きました。
そして、相変わらずなマイペースな感じにほわほわ。
今日のMC、一時間くらいしゃべってたのさ(どっかの誰かさんとは大違い。笑)
しかもね、手のひらに言うためのネタをちゃっかり書いちゃってんの。



オーラスはアンコールの代わりに会場からハピバソング♪
嬉しすぎて髪の毛ちょんまげしきれずに登場してしまったたっちゃんは、『ちょっと待っててー!』と言いながらぴょこんと器用にちょんまげを作ってました。
そして『これ、ビデオ撮るからもう一回歌ってー♪』と会場におねだり。
ニッコニッコしながら、MYビデオを回してました。
メンバーからもサプライズでのBDケーキプレゼント。
『がーんめん♪がーんめん♪』のコールに答えて、勢いよく顔面をケーキに突っ込む男竜也。
そのあと、クリームを拭き拭きしてたら、うにょーーーんと鼻水が(大爆笑)
それさえも可愛いと思えてしまうのはなぜでしょう。




ダブルアンコでも出てきてくれて、嬉しそうに、本当に嬉しそうにしてました。
挨拶では涙で言葉が詰まっていたり。
すっごくすっごく充実したツアーだったんだなと改めて。
そんな瞬間に立ち会えたこと、とっても感謝しています。
あたしもなぜか、涙か止まりませんでした。
ありがとう、たっちゃん。











そして、忘れてはならぬ!
あたしの大好きな彼も今日新たにスタートを切ったということで。
楽しみがたくさん増えてきましたね。
MC、彼なりに頑張ったのね(笑)



何だか一気に情報が出すぎてついていけない感じだったりもしますが、嬉しいことには変わりない。
頑張れ、頑張れ!!!


名義、増やそうかしらねー(ぷぷぷ。笑)
続きを読む





















コンサートはすっごくすっごく良かったのだけれど、それと同時に色々感じることもあった今回のコンサート(マウピ×壮行会)。
実はね、踏んだり蹴ったりだったのです。


オーラスのチケット、お友達が行けなくなったので譲り先を探していました。
(それでたくさん声かけちゃったお友達、ごめんねー>みんな)
あたしの周りでは見つからなかったので、結局当日現地で譲り先を探すことに。



もちろんオーラスだったからたくさん『譲ってください』の紙を持った人が立っていて、あたしはその中の一人に声をかけたんです。
すごい嬉しそうにしてくれたんだけど、お友達もチケットを探しているらしく、ギリギリまで待っても良いですか?と。
だから、あたしは会場前で雨の中傘をさしてずーっと待ってたんです。
でも、待っても待っても来なくて。
あと10分で始まっちゃう!ってなった時に、電話をかけてみる。
『やっぱりあたし一人で入るのは友達に申し訳ないので、他の人を探してください』と。



だよね、だよね、それはそう思うよね。



でもこんな土壇場でキャンセル!あと10分でどーやって探そう!?と雨の中を必死で逆走して。
結構すごい雨だったんだけど、びしょびしょになりながら走って探したらね、もう一人『譲ってください』の人がいて。
その人に声をかけてみたんです。



その人も友達と入るつもりでいたから、『もーちょっと待ってからでもいいですか?あとから入ります』ってことだったのでとりあえずチケットを譲ったのね。





でも、実際に来たのは全然違う人で。
あれー?あの人どうしたんだろう?ってその人に聞いてみたけど、『ワタシ日本人ジャナーイ!日本語ワカラナーイ!』とか言われてね・・・。



うーん、ダフ屋だったのかなー。
そりゃー、ちょっとはおかしいなと思うところもあったような、なかったような。
でもでも、すっごい笑顔だったし、嘘ついてるとは思えないじゃん。




『上田君のファンなんですか?』
『はい、そうです♪』


『ご本人さんが入られるんですよね?』
『はい、私が入ります!』


って笑顔で答えてくれてたのになー。





事情が変わったのかな?って思ったんだけど、あたしの隣に座った人はあたしが譲った席とかそんなの全然知らない風でさ。
せめてその人の知り合いだったとすれば、あたしのことは何かしら言ってるはずだもんね。
でも、まーったくシリマセーン、ワカリマセーン、何ノコトデスカー?って感じだったから。
うんたぶん、騙されたんだろうなー。
って思うとすっごい自分が情けなくなり。






『○○と申します!じゃあ会場で待ってます!よろしくお願いします。うるさくしたらごめんなさーい♪』なんて言って、わーい一緒に入れるー♪ってキャッキャしてたあたしバカみたいじゃんね。
しかもね、結構良い席だったから『もっとお金出しますよ?』って言われたのに、『いいんです!定価で大丈夫です。一緒に入ってくれますか?』って。
あたしは純粋なたっちゃんファンに譲ったつもりだったからさ。



なんか・・・、悔しいじゃん。
あたし超まぬけじゃーん。
すっごいバカじゃーん。
人を見る目ないなと思ったら、そんな自分に情けなくなり、悔しくなり。
何か、色んな感情が相まってせっかくのライブなのに泣きそうになってね。



しかもしかも、譲った席のほうが良席だったの。
席自体はアリーナの花道最先端から4列目とかで、すごい近くて。
さらに、通路側だったの。
でも、あたしは通路側の席を譲ってしまっていて。。。
だけど、ちょっと変わってもらえるかなーなんて淡い期待を抱いてたりもして、最初は通路側の席に座ってたのさ(でも、これはあたしが悪いよね。笑)


でもさ、ほら、日本語ワカリマセーンって来た人は通路側のチケットを持っているわけで。
その人はこっちの事情なんて全然知らないわけで。
そりゃー、その人のチケットのほうが正しいよね。
あたしは違う位置に座ってるんだもん。



あうー、それあたしのチケット・・・なんて思いながら、席移動して。
かなり良い席だったのにな。
移動したらチビのあたしは見えなくなり、ふんぬ、ふんぬっと一生懸命背伸びして(苦笑)



もー、踏んだり蹴ったりでしょ。
でも、隣に居る人が悪いわけではないじゃんね。
きっと、純粋にライブを楽しみに来たんだろうし。
そう考えたら、どーしようもなくなり。
結局あたしがまぬけちーんでした、ということになり。
そんな自分にまた情けなくなり、涙を必死でこらえて。




しかもね、通路側にはテープとか落ちてきたのに、すぐ隣のあたしの席には何も届かなーい。
なんてこったーなんてこったー。
さらに、たっちゃんアリーナに下りてきたもんだから通路側の子は一目散にたっちゃんの方に行っちゃって。(てか、このライブ席移動すごかった!!)
でもあたしは何も出来ず、人に埋もれてどこにいるんだかわからないたっちゃんを必死に探して。
本当だったらすぐ近くで見れたのかなーって思うとね。
なんてこったーなんてこったー。




楽しみにしてたオーラス。
こんなはずでは・・・、なんて考えも出てきちゃったりして。
でもね、でもね、こんなあたしにもいいことあったんだよー。



風船が割れて飴ちゃんタイムの時、周りの人たちは風船ゲットに精を出してて。
でも、あたしのとこには届かないからそこには参加できず、たっちゃーんって手を振ってたの。
そしたらね、たっちゃんがこっち見て(くれたような気がしたw)、飴玉バズーカずずーーん!!!って発射。
宙に舞ったよだれまん飴玉!
次の瞬間!



すぽっ!



あたしの手の中に舞い込んだのー!!!!
争奪戦になることもなく、あたしの手の中にスポッと入ってきてくれたの。
飴玉、たったひとつだけだけど。
それでも、ちょーーど手の中にINしたんだよ!!




唯一ゲットできた飴玉。
それだけで満足さ。
たっちゃん、ありがとう。
よだれまん、食べません。
お守りにします。





前もね、そんなことあったんだよ。
ライブ中にちょっと残念なこと続きで凹んでたんだけど、最後の最後で仁がこっちに来てくれて『ありがとうございました』っておじぎをしてくれたの。
『仁くん、さゆりん見てたよねー?』って友達にお世辞を言ってもらえて(ぷぷぷ。笑)




それだけで十分。
今回来た意味があったって思えた。




凹んでるときに限ってそんなミラクルが起こったりするのは、やっぱり神様がいるからだろうか。
悪いことばっかりじゃないんだなー。






正直最近ね、色々あったりでうだうだなってたんだけど。
でも、すごく良い経験になりました。
目先の欲にとらわれて、大切なものを見失っちゃうところだったから。




欲張ってもいいことないもんね。
自分の欲だけを考えずに、人の気持ちがわかる人に。



ちっちゃな幸せに気づける人に。
すぐそばにある幸せに気づける人に。






もっともっと強く、優しくなりたいなと思いました。
でっかい心で生きていけれる人になりたいぞ。



色々ぐるぐるしたけど、やっぱり自分の周りに居る人たちは大事な存在で。
KAT-TUNも仁も大事だけど、それ以上に大事だったりするから。


胸張って堂々と彼らを応援できるように、毎日まっすぐ生きていきたいと思います。



うーん、長い日記だな、こりゃ(笑)
category : LIVE  comment : 6  track back : 0

丸山くんと大阪ライブ


昨日ね、中学生&高校生のレッスンだったの。
いつも最初に『週末何してた?』って質問をしていくのね。
で、普段はあたし→生徒の質問だったんだけど、今回は生徒→あたしにも同じ質問をしてもらったの。


それで、ニヤニヤしてたんだろうね、きっと。


『なにぃ~?先生、いいことあったん~?』


って聞かれてしまったよ(笑)





週末大阪行ってKAT-TUNのコンサート見てきた!って言ったら、すーっごいびっくりされた。
とっても意外らしい。



『先生、誰が好きなんー?』
『あっ、亀梨君って言ってたっけ?』
『えー、赤西君っぽーい!』



って口々に生徒が話す中、聞こえてきた・・・




『でもあたし、丸山くん好きー♪』
『あっ、わかるわかるー!いいよな、丸山君♪』




さて問題です。
丸山くんとは、誰ぞや???











うん、きっと中丸くんだよね。
だよねだよね、そーゆーことだよね。






『中丸くん?』



って聞いたら、『あー、そうだ!中丸くん!!』って反応が返ってきました。





丸山くんとか、それもぅKAT-TUNじゃなくなるじゃん!
KAT-TUMじゃん!!
かとぅーむ♪
かとぅーむ♪
あははははー!!!



と、生徒と一緒になって大爆笑している中、気づいた。





















あっ、あたし先生だった(笑)




『で、先生結局誰が好きなん?』という質問がきましたが、ここで『赤西くん』と答えるときっとレッスンが進まなくなるので『Secret♪OK,let's start!!!』と無理やり進めました。
それはもうブーイングの嵐でしたが、そんなの聞こえませんわ(*´∀`*)




丸山君と呼ばれた中丸君。

が ん ば れ よ♪(あなたもね)





さっ、大阪から帰ってきて相変わらず忙しい生活を送っています。
たくさん書きたいことあるんだけどなー。



とりあえず、今日は大阪ライブのことについてちょこっとちょこっと。
続きを読む













ずっとハイフンでいてくれる?











そう不安そうに聞く聖を見て、ただただ純粋な気持ちで『もちろん!』と思えたあたしは、やっぱりKAT-TUNが大好きなんだと思います。



最後の最後でこの言葉。
泣けたぁー。
ほんと、ぐっときました。



聖はね、PROMISE SONGが終わってはける前にも、一人ずーっと深く頭を下げてお辞儀をしてたんだ。
(このときはたっちゃんも一緒にいた)


それから、亀の挨拶の後、みんながバイバーイ!って手を振ってるときも、聖は一人でずーっと頭を深く下げてたの。





それはきっと、『ごめんなさい』じゃなくて、『ありがとう』。






そんな彼を見てたら、たまらなくKAT-TUNが愛しく思えた。





相変わらず、前には進めてないし、考えれば考えるほどわからなくなるし。
誰になんと言われようと、たとえそれが自分のエゴだとしても、あたしが望む形はたった1つなんだけど。






そんなよくわからない状況でも、ただひとつ胸を張っていえること。



あたし、6人全員が好きだよ。






これって、受け入れたとか、前に進めたとか、理解できたとか、そーゆーのじゃないのね。
ただ、『好き』なんだ。
それだけ。
ほんとそれだけで、結局はだからこれからも応援します!とかそんなことは言えなかったりするんだけど。





でも、6人全員を見たときに『あー、やっぱり好きだな』と思えるこの感情がまだ続いていること。
とっても嬉しいし、安心しました。





どんなスタンスで応援していくとか全然見えてこないし、それをする覚悟も出来てないし、覚悟の前にまだ受け入れられてないって言うのもあったりして、あたし自身、これからどーしていくのかまだ全然わかりません。




だけど、この『好き』が続いてく限り、不安な気持ちとともに幸せもたくさん感じながら、彼らをまだ見続けることができるんじゃないかなと思います。










みんな、がんばれがんばれ。








ほんとはもっと書きたいこと色々あったりするんだー。
でも、今日はこの前向きな感じでやめておく(笑)


おやすみー。
category : LIVE  comment : 2  track back : 0

KAT-TUN LIVE TOUR 2010@三重5月16日2部
終わったー!!
三重、二部。
これで溜まってたレポ、全部消化完了。
心置きなく生きれるわっ(どんだけ)


やっぱりあれね、時間を置きすぎるとレポってダメになる。
いくらメモがあるからって、メモ見てもなんのこっちゃだもん。
レポしながら、なんだか色々残念な思いでいっぱいでした。
教訓にしなきゃ。





ライブレポ

時間が経つと

ダメになる





ダメになるっていうのは、いろーんな意味でね。
記憶もだし、ほら、やる気も(苦笑)
何でも後回しにするのはよくないね。



ってことで、三重レポ。
今回“簡潔”を目標に頑張ったよ。
あくまでも、目標だから・・・


うーん、ケータイからは読まないほうがいいのかなー(やっぱり。笑)




続きよりどーぞ。
続きを読む
















三重、二部レポ。
今度こそは簡潔を目標に・・・(さて、できるかな♪)





●Fall down

このときの席ね、ステージの真横だったの。
だから、登場前からメンバーの様子が壁の隙間から見えたんだけど、田口さんが登場する前からクルクルターンしてノリノリだったのを見て、一部もあれだけの勢いでこなしてたのにすごいなーって尊敬しました。


亀!亀!!!
亀の髪型がね、サラッサラだったの!
サラッサラのペッタンコ!
ちょーーーーーーーーーーーーーーー可愛いんだって!!!
半端なかったあの可愛さ。





●挨拶

竜『こんにちはー!』
客『いえぇぇーーい!』
竜『こんにちはー!!』
客『いえぇぇーーい!!』
竜『よく出来ましたぁー♪』


一部では『おはようございます』だったのよね(笑)





●Keep the faith

たっちゃんは相変わらす拝んでる。
そいでもって、その間亀はずーっとクルクル回り続けてた(笑)





●LOVE MUSIC(田口ソロ)

歌い終わった後。


淳『やー、踊った踊った!この前のMステ見た人ー?じゃぁ、テレビでも見よっか。ポチッ♪』




☆KAT-TUN TV☆

●J熱大陸①

今回は田口淳之介(笑)←笑うとこじゃないのに登場だけで笑わせてくれる田口クオリティー

田口がメイク直しされて、写真撮影。
かっこつけてパシャパシャ撮られてると、そのままカメラを下の方にツツーっと持って行ったら・・・
いたっ!!
葉加瀬ゆっち(笑)
田口が撮影されてる足元のほうで、仰向けに寝転んだ姿勢でバイオリンキコキコ弾いてる。





●J熱大陸②

もう一個あったよー!
今回は田中聖。

聖を中心にしてメンバーが打ち合わせか取材か受けてるの。
で、その後ろのほうで葉加瀬ゆっちがキコキコしてるっていう図(笑)






☆TEN-Gコーナー☆

田中のこきがね、髪の毛下ろして出てきたのー!
たぶん、汗いっぱいかいてセットが崩れたんだと思うんだけど、この子もペッタンコ!
前髪を下ろして出てきてて、それが超ーーー可愛かったもんだから、『可愛いー!可愛いー!』ってお客さん大興奮!
他のメンバーも『青てんぐ可愛いよー♪♪』っとかって茶化してて。
それで聖がすんごい照れちゃって、わざと前髪ガシガシかき上げたの。
そしたらさ、後ろでトランポリンぴょんぴょん飛んでた亀ちゃんが、トコトコ聖のとこにやってきて、せっかくガシガシかきあげた前髪を、ぐしゃぐしゃーってまた下ろしてやんの(笑)
聖もフニャーって笑って亀になれるがままで、それ見てさらに会場大興奮!




可愛いー!
可愛いー!!
きゃー、聖可愛いー!


聖『うるせぇーよ、このやろー!!照』



あぁ、可愛い。
去年の広島を思い出した(笑)




今回のお題はまた“赤いもの”



オレのハート♪ってニッコニコで言ってたのは上田さんです(笑)




でもね、どーやら風船が膨らんでいないみたい!
メンバーも『あれあれ?』ってしてて、アクシデントの様子。


雄『生っぽいですねー!』
聖『膨らむ?大丈夫?なんだったら、オレ自分でやるし?』(自分で風船割ろうとしてる。笑)
雄『アクシデントですねー。』
聖『アクシデントって言えば、俺の髪型がアクシデントだよ(苦笑)』



やっと膨らみだした風船。
ってことで、ゲーム再開。
赤いものはってお題に・・・



亀『中丸のパンツ!!!』(一部に引き続き)
音『ブーー!!』(当然だ)
亀『だから中丸のパンツ赤なんだって!!!』(引き下がらない)
音『ピンポンピンポーン!!』(あれあれ?)
雄『今日ちげぇーし・・・』(しょぼーん)



あと誰だっけなー?
聖か亀だったと思うんだけど、“赤”ってお題に『上田のてんぐの!上田のてんぐの!』(お面が赤いってことが言いたかったらしい)ってしきりに言ってたよ(笑)



淳『マグロ!』
音『ブブーー!』
淳『マグローー!!!』

バーーーン!!!!(風船破裂)



淳『マグロ赤いじゃーん!』
雄『マグロ赤くないから。』
亀『切り身じゃないとダメなんですぅー♪』
聖『マグロは黒いんですぅー♪』
竜『マグロは黒いんですぅー♪』
淳『知らねーよ。』(やだ、ブラック淳之)
聖『お前の腹の中みたいに黒いんですぅー♪』
淳『まぐろふくぞう(?)です。』
音『ブブーーー!!!!』
4人『うぇーーい!チョロの介ぇ~♪チョロの介ブ~~♪』



もー、やりとりが小学生(笑)


このあとクルリンパってして、衣装替えのために後ろにはけるんだけど、他のメンバーは普通人トランポリンから降りてるのに亀だけ、ピョーーンってジャンプして降りててそれが可愛かったの。
それだけ(*´∀`*)






●Lips

また今回もゆっちと聖がお客さんに向かってかけてたよ。
あと、聖が歌うとこ(たぶん曲の出だし)でメンバーに集中攻撃されてて歌えてなかった。
で、亀が田口とゆっちからブワァーって集中攻撃されてたのね。
でも亀はクルクルターンして、『ウワァーーオッ!!アウッ!!(ってあたしの耳には聞こえた)』って叫んでて超気持ちよさそうにしてた。

とにかくメンバー同士でかけ合い合戦なこの曲。
でも、田口だけかけらてもらえてなかったんだろうね。
眉毛をハの字にして『オレにかけてくれないのー??』って聞いてたよ(笑)


あと、本格的にかけ合い合戦になる間奏のとこ。
たっちゃんはいつもこの時になると一人だけステージにあがって、ちょこんと座って避難してるんだけど、今回は聖も一緒にたっちゃんの隣にちょこんと座って避難してたよ。
だから、かけ合いっこしてたのは年下組の亀&田口、と一番最年長の中丸さん(笑)






●GOLD

これ、ちょー面白かった!
最後の聖のラップの後、亀ちゃんを筆頭にKAT-TUNが大暴走。


亀『チョロの介♪YEAH♪チョロの介♪YEAH~♪』
竜『ちょろちょろすんなぁー♪』
雄『聖も大好き、チョロの介♪』

で、田口もノせられて『From 神奈川~♪YEAH♪』みたいに言ってました(笑)
何なんだろう、この小学生みたいな可愛さは。






☆MC☆

●中丸くんは好きですかー?

聖『みなさん盛り上がってますかー?』
客『いえぇーーい!』
聖『盛り上がってますかぁーー?』
客『いえぇぇーーーい!!』
聖『そぉーですかー。』(納得)



あれれ??笑



聖『(再び)盛り上がってますかぁー??』
客『い・いぇーーい!!』
雄『どーしたいの?笑』
聖『KAT-TUNは好きですかぁー?』
客『いえぇーーい!!』
竜『KAT-TUNは好きですかぁーー??』
客『いぇぇーーい!!』
聖『中丸くんは好きですかぁーー??』
客『きゃあぁぁぁー!!!』
雄『はははっ・・・』(乾いた笑い)







●YO!YO!DJだYO!

今回ねー、亀とたっちゃんがすっごーーいテンションだったの。
ずーっと『YO!YO!』って言い合ってて、変なDJみたいになったままMCに参加するもんだから、収拾つかなくなって最終的には聖に怒られてた(やーい。笑)



雄『初めて来ました、三重。』
竜『楽しいっスー♪』
亀『今日の三重は違うYO!』
竜『やっぱ三重は違うYO!!』



そんな感じで突入したMC(笑)
引き続き、ノリノリDJで会話に参加しようとしたたっちゃん。
でも、ゲップで詰まってしまう(大爆笑)



竜『三重のみなさんは本当に・・・うっ(げっぷ)』
雄『ステージドリンク、コーラにするからだろ!』
聖『好感度あげる途中でゲップするなよ!』
亀『違うYO!アイドルはゲップ出ないYO!』
竜『出るのはマシュマロだYO!』
聖『何で液体飲んで固体出てくんだよ!』
亀『それはまずいYO!』
聖『ちょっと一回テンション下げてもらっていいですか??』







●ファン釣り放題だYO!

雄『今回もツアーで色んなところを回らせてもらってるんですよね。』
亀『三重で3ヵ所目だYO!!』
客『えっ!?ちがーーう!!』
竜『4ヵ所目だYO!適当ゆうなYO!!』
亀『間違えたんだYO!!』


雄『三重のほかにも海外公演が控えててね。』
聖『タイ公園が延期になっちゃったんですよね。』
雄『なんか、ハワイ公演?があるって新聞とかで言われてたんですけど、俺らも何もまだ聞いてないんですよね。』
亀『ハワイ公演やりたいYO!!』
竜『やりたぁーい!海入りたぁーーい!!』
聖『そうそう。みんなの声があれば実現するかもしれないし。今日も関係者の方が聞いてると思うから』




ってことで、おねだり開始(笑)




亀『や~り~たぁ~い~♪♪』



おっと、体を左右にブンブンふって、修二以来(『わ~か~ん~な~い~♪』)の駄々っ子亀梨登場だ。



亀『ハワイ行きたいぃ~♪』
竜『野外やりたいぃ~♪』
聖『そしたら、みんな(ファン)で海入ればいいし!』
客『きゃぁぁーー!!』
聖『みんなが周りにガーっていて、オレその真ん中で顔だけ海から出しとくし!』(ハーレム状態)
亀『じゃぁ、オレ釣竿投げて釣るっ♪』
竜『ほぉ~らっ、釣~れたっ♪』


亀&竜でキャピキャピしながら『釣~れたっ♪』って楽しそうに遊んでる(笑)


聖『ちょっと2人、1回テンション下げてもらっていい?』(怒られた!)
亀&竜『ごめんなさーい・・・』(2人してペコリって頭下げてたよ)







●リミット明日だYO!!

聖『あっ、そうだ!あれ?これって言っていいんだっけ?』
亀『何が??』


ここで、マイクなしでこしょこしょとKAT-TUN会議。
他のメンバーに『平気だよ!』ってGOサインをもらって再び話し出す聖。


聖『6月にアルバムが出ます!』
客『わぁーー!!』
雄『まだ半分レコーディング終わってないですけどね。』
亀『オレのソロ、まだ決まってないYO!!』
竜『やべーYO!!!』(懲りずに続けるこの二人。笑)
亀『来週の月曜がリミットだYO!!』
竜『来週?明日でしょ?』
淳『来週の月曜って明日ってことでしょ?』
亀『違うでしょ!来週って・・・?』(ぽかーん)
聖『違うよ!お前、明日がリミットだよ!』
竜『そーだよ、そーだよ!』
聖『だから明日、みんなまとめて無理やり録るんだよ!』
亀『まだソロ決まってないYO・・・。』




脱力してヘナヘナしてる亀が可愛かった(だけど“YO!!”は忘れない)
そんな亀を見てRESCUEに向かったのがたっちゃん。




竜『じゃぁ亀に腹ペコマンあげるYO♪』
亀『いらないYO♪』


再びYOYO祭りな2人に・・・


聖『ちょっとそこの2人、1回ブレーキかけてもらっていいですか?』
雄『たまに暴走するんでね。』



もーなんでこの2人はこんなに可愛いんだろう。









●乳首NG

雄『Mステに4週連続で出れることになって。』
亀『いやー、4週連続はすごいよ!』
聖『他のみんなには内緒なんだけど、ここだけの話4週連続で出れるのは三重のみんなのおかげなんだよね~♪』
亀『先週の衣装は、福岡?静岡でみんなに意見を聞いて、白が多かったから白で出たんですよね。』


ってことで、三重の会場でもどっちがいいか聞いてくれるメンバー。



聖『白がいい人ー?』
客『はぁーーい!』
聖『黒がいい人ー?』
客『はあぁぁーーい!!!』
雄『三重では黒が多いんだ!』
聖『ってことは、Mが多いってことですか?』
淳『どーゆーこと!?笑』
雄『いや、黒のほうがSっぽいじゃないですか。』



でも、会場では白も黒も同じくらいだったの。
どっちも多くて。
(あたし、どっちに手を上げたかもう既に忘れちゃった。笑)


亀『じゃあ、来週は間とってグレーってどう?』
雄『くすんでるじゃん!』
亀『じゃぁ、白っぽいのにちょっと黒入れるとか。』
聖『白も黒も多いから両方入れるね♪』(こき、優しい)
亀『でも来週はFALL DOWN歌わないから、黒ってどうなるんだろうね。』
雄『もし黒着て曲に合ってなかったら、三重のみなさんのせいですからね!』
聖『楽屋で1回黒着てみて、違ったらシースルーの衣装で出ればいいじゃん!』
亀『ダメ!俺、それダメ!!』
メンバー『何で?』
亀『俺、乳首NGだから!!!』
メンバー『なんで?』
亀『俺、まじ乳首NGなんで!!』
メンバー『なんでなんで?』
亀『乳首がちっちぇからだよ!!!』(ちょっとキレ気味。笑)
雄『あー、すげーちっちぇもんな。』(おっと、ゆっち・・・)
亀『お前の乳首も人のこと言えねぇーよ!!』


ほらぁー、怒っちゃった。
亀ちゃん、乳首で大暴走(爆笑)



聖『乳首の話もうよくない?』
亀『すみません。今暴走列車クレイジートレインでした(笑)』
雄『KAT-TUNがはじめてのお客さんもいるんですから。』
聖『こんなんばっか言ってると、KAT-TUNのコンサート来ねーよって言われちゃうから。』
亀『すみません。楽屋では真面目な話しかしてないんですよ!乳首の“ち”の字も言わないですから!』
雄『“ち”抜きで話すとか難しいよ。』









●可哀想なキスマイメンバー紹介

さて、ここでキスマイが登場してメンバー紹介。

キスマイ『どぉもー、こんにちはぁー♪♪』
雄『テンション上げてきた!』
聖『一公演目の反省を生かして、テンション上げてきたなー!』
キスマイ『そんなの言わなくていいですよ(笑)』
聖『じゃぁ、自己紹介と一発芸をしてもらいましょー♪』
雄『KAT-TUNと一緒でイニシャルで出来てるんですよねー。』


一公演目の反省を生かして、ちゃんとKISMYFT2の順番で並んでるメンバー。


・まずは北山君。


北『KIの北山でーす!』
聖『お前だけ2文字なんだな。』
雄『いいなぁ~。欲し~な、俺も2文字。』(羨ましがってる。笑)
?『お前が2文字だと“KAT-TUNA”(かとぅーな)になっちゃうじゃん!!』
亀『(Mステ風に)それでは聞いてください、KAT-TUNAで・・・きゃははは(大爆笑)』



うははは!!
かとぅーな!
かとぅーな!
って、手をパチパチ叩いて大爆笑のメンバー。








・続いて千賀くん。


千『Sの千賀ですけど、実際はMの千賀です!』
聖『本当はどっちなの?』
千『Mですね。』
聖『えっ、お前急に何の話してんの?』
KAT-TUN『うわぁー、引くわぁー・・・』
聖『初めて見る人もいるんだからさー!』
雄『ちゃんとしろよ、ゴリラッ!!!』(もー、ゆっちがヒドい♪)
千『ゴリラじゃないっす!』
亀『お前、ケンシロウを怒らすなよ!!』


ここでもまた、ケンシロウ!!うははは!!と大爆笑のメンバー。
“ゆあーしょっ♪”(北斗の拳のあの歌ね)を歌ったり、やりたい放題。


聖『千賀がゴリラだったらSがGになってKig-my-ft2になる!!』
KAT-TUN『キグマイフット2-!!(大爆笑)』






・さて、お次は宮田君。


宮『Mの宮田です。』
聖『Mの宮田はMなの?』
宮『Mですね!あの、ちょっといいですか?RESCUEの時に俺、一箇所フリを間違えたんですよ。で、そのあとチョロの介がぁ~・・・』
聖『チョロの介!?仮にも先輩だから(笑)』(仮にも、ね。)
宮『あっ、すみません。チョロの介君がぁ~・・・』
聖『君付けとかの問題じゃない!笑』
宮『田口君が(戻った)、俺のとこやってきて、フリ間違ったのばれた!やべぇーって思ってたら、突然「髪、伸びたね!」って(笑)』
?『なんでステージ上で言うんだよ!』
淳『いや、せっかく同じステージにいるから、親交深めたいなって思って。』(どーしよう、田口が可愛い!)
亀『それって中丸が、“We'll Survive!!”とかって言ってるときでしょ!』
竜『てかさー、田口のソロのついてるキスマイ4人さー、なんであんな囚人服みたいなの着てんの?』



きょっとーーんって聞くたっちゃんが超可愛かった!
それ、あたしも思ってたー!
なんであんな服装なんだろうって。



聖『田口なんかデニーズの店員みたいだしな!』
淳『違う違う!あれはマリンなの!』
亀『ああ、海兵ね。』
淳『そー言えばさぁ、KAT-TUNTVのGOINGのときの“ダベア”って俺なんだよねー♪』




田口の突然のフリに、会場、???って微妙な空気に。



雄『みんなもう忘れてる(笑)』
淳『GOINGのときに、隣にいるダベアいるでしょ?あれ、俺がやってるんだよねー!』



ほ・ほぉー・・・




聖『・・・っていうのを、いちいち全会場で言うの面倒くさいんで、帰ったらネットに書いて広めてください!“田口・スペース・ダベア”で!』


ヤフー検索上位に入るんじゃね?って言葉に、


淳『日テレ取ったー!ってなるかも♪』






・続いて横尾君。
一部に引き続き、今日が誕生日ってことでみんなで歌でお祝い。



はっぴばーすでーでぃあ横尾~♪

YEAH!!!!(って、間髪入れずに言ったのは暴走亀ちゃんです)



聖『KAT-TUNみんなハモろうとしてぐちゃぐちゃになってる!』
亀『誕生日ということで、プレゼントとして田口からすげー面白いダジャレがプレゼントされるよ!』
雄『そーいえば、最近田口あんまりダジャレ言わないな。』
淳『だって俺、ダジャレはもう捨てました。』
全員『えぇぇぇーーーー!?!?!』
淳『ダジャレはもう卒業しました。』



この発言に、この日一番会場が沸いた(笑)
えっ、えっ?!!?!?!?!?!って。
メンバーもすごーーい驚いてて、どーしたの田口!?何言ってんの!?みたいな感じで慌てて、口々に『バカー!バカー!!』って叫んでた(笑)



聖『それ、お前の存在理由がなくなるから!!!』
雄『お前からそれ取ったら何も残らないじゃん!』
聖『お前からダジャレ取ったら、水分しか残らないよ!??』
淳『それって体の30%がダジャレってこと?』





うん、ヒドいんだけどここに愛情をたーっぷり感じてしまうのはなぜだろう。
何かさー、話飛ぶんだけどデビューコンのときにもこんなやり取りあったよね。
そのときは仁と聖が2人して田口を一生懸命説得してたんだよ。


『俺からダジャレ取ったら何もねーべ』って言う田口に、『そんなことないよ!!あれも出来るし、これもあるし、あっ、こんなのもあんじゃん!!』って一生懸命話してた2人の可愛さたるや。
何だかんだ、愛情に溢れてるなーってその映像を見てました(えぇ、密録です。苦笑)






亀『お前も先輩から貰ったんだろ?』(入り口出口田口です)
淳『あっ、わかった!できた!これ、あげるよ!使ってね?』



斜め・たて・横尾です♪


しーん・・・



横『絶対にやらないです。いらないですね。』(ばっさり)
淳『じゃあ、後で横尾に赤福あげる!』
横『それもいらないです。自分で買います。』



あーん、田口どんまい。






・続いては藤ヶ谷くん。


藤『Fの藤ヶ谷です!ハワイ行きたいです!』
亀?『行ったんじゃないの?』
藤『行ったことないんですよ!』
北『俺もないんです!』
藤『ラスベガスはいったんですけど。』
北『あー、ベガス~??』
聖『だっせぇー♪ラスね!』
亀『ラスベー♪』


うきゃきゃきゃと楽しそうなメンバー。


亀『でもJrの頃、取材とか勉強で海外に連れて行ってくれたりするんですよ。』
藤『おれ、いつも渋谷か六本木でしたもん。俺、マジ行きたいんですよ!!!』
亀『じゃあ、行ってきて、今から。』
藤『えっ!?!?』
聖『うん、藤ヶ谷行ってきなよ。俺ら、やめるし。』
藤『えっ、そんな世界動かすようなことならいいです!みんなで行きましょうよ!?』
亀『藤ヶ谷とぉ~???』(嫌そうにw)
藤『じゃ、いいです・・・(汗)』



ここで登場したのはたっちゃん。



竜『諦めるな!大丈夫、俺がKAT-TUNまとめとくからっ♪♪』



パタパタ走ってきながら、藤ヶ谷君と握手ぎゅっぎゅーってしてカメラ目線でニッコニコ。



聖『上田、好感度上げ方ヘタ過ぎる!!!』

ヘタじゃなーい。
可愛いーー!!






・次は玉森君。


聖『次はTの玉もっこりです。』
雄『まりもっこりみたいに言うな!』
玉『Tの玉もっこりです。ごくせんで亀梨くんと一緒に出させて頂きました。』(ペコリ)
亀『いえいえ、こちらこそ玉もっこりさん。僕なんて亀“ナシ”ですから!!』(ペコリペコリ)


会場、大爆笑!!!


亀『そっちは玉“もっこり”さんですけど、僕は亀“なし”ですから。』
聖『おかーさぁーん!!子供の耳ふさいでー!!!』
亀『玉森、ウチに泊まりに来たことあるもんな?』
玉『はい!』
雄『亀んち行ったの?3時間くらい放置されなかった?』
玉『いや、されてないっす!ちゃんとご飯も作ってくれたりして。』
亀『ねー?リビングに布団引いてー、怖い話とかしてー、楽しかったよな。』
玉『はい!!』
雄『俺さ、初めて亀んちいったら三階に入れられて、ちょっとウイイレやっててって言われて、三時間放置されてずーっとフリースローの練習してた!!』
聖『お前ウイイレ?俺、パワプロだった(笑)』





さっ、以上キスマイメンバーの紹介終わり。
ってことで、次に進めようとしたKAT-TUNメンバー。


二『ツーが抜けてる!!!』(二階堂くん悲痛の叫び)
亀『キスマイフットでしょ。』(無視して先に進めようとする)
ニ『かぁ~めちゃんっ♪』



必死にアピールする二階堂君。
でも、先輩亀梨さんに“かーめちゃん”呼びはまずいわーって思ってたら。
ほらほら、来た来た(笑)
まずは、聖が無言の蹴りを入れに行く。


亀『なに・・・?』(超冷めてる)
竜『あーぁ、怖いよぉ~・・・』
ニ『だって!!亀梨くんっっ!!!』


亀がじりじりと二階堂君に寄って行って、KAT-TUNメンバーみんなから攻められる。
と、思いきや・・・?



聖『大丈夫!俺が絶対守るから!!!!』(二階堂君に抱きつく)
雄『それ、寝返りだろ(笑)』
聖『好感度上げようとして(笑)』
竜『オレもオレもオレもぉ~!!!!!』(パタパタ寄っていく)
聖『だからお前好感度の上げ方がヘタすぎる!』
亀『2があるってことは1は?』
ニ『1はないです。』
?『それってKAT-TUN2みたいなことでしょ?2、邪魔じゃん。』(ヒドイ)
?『あっ、2でもう1つのグループになってるんだ!スターウォーズ2みたいなことでしょ?』
亀『あっ、ヨーダ的な?』




って、この言葉を言ってから亀ちゃん先にはけちゃった。
なんか、やりたい放題やって帰った印象が否めないんだけど(笑)
でも、可愛いからいいか。





・改めまして二階堂君

二『2の二階堂です。』
淳『二階堂!お前、一階は?』



一瞬にして会場が凍りつく。



メンバー『わけわかんない!』
淳『おれもわけわかんない!』
聖『お前、1回寝ろ!!一時間後に起こしてやるから、それまで寝てろ!』
淳『それ、ライブ終わっちゃうじゃん!』






●THE D-MOTION

亀ちゃん、髪型セットして出てきたよー!
やーん、残念。



●SHOT!

2人ずつのダンスのとこで、ゆっちがしゃがんだままちょこちょこ田口に近づいていってるのが可愛かった。
亀&聖はニヤニヤしながらダンスしてたよ(笑)




●LOST MY WAY

中丸クリニック、入室♪


雄『次の方どうぞー。』
亀『はい、お疲れー!』
雄『次の方どうぞー。』
亀『お疲れー、お疲れー!』(二階堂君以外とハイタッチ)
雄『亀梨さんどうぞー!!!』
亀『はいっ!!』(ぴょこっと中丸の隣に気をつけ)
雄『あのー、前回も言ってるんですけども、関係者以外つれてこないでください。』
亀『関係者以外の立ち入り禁止だよ!!』


二階堂君に言ってる亀。
彼、困ってる(笑)


亀『じゃー、お前やれよ!』


って、急にはけちゃう亀。



えぇぇぇぇーーー!!!!!って会場大ブーイング。
二階堂君、ごめんね?
亀ちゃんが、悪いんだよ(笑)
なんともいえない空気になっちゃったステージ。
中丸と二階堂君だけぽつーんと残って、会場のブーイングも合わさってすごい申し訳なさそうな顔してる。
どーしようーって思ってたら、亀ちゃん再び登場!
裏でスタッフから時間がやばいと伝えられたみたい!
すっごい焦ってる。




亀『このコーナー早く進めないと新幹線に間に合わなくなるから、だから早くお願いします!早くやりましょう!先生、治療お願いします!』


そう言いながら、もう口を「いー」ってして、治療される体勢になってる亀。
じっとしてますから!
もう遊びませんから!
早く治療してくださーーい!
って感じで、ずっと「いー」ってしたまま顔上げてゆっちがくるの待ってんの!!



雄『それでは治療に入りましょう!』(ゆっちは意外と冷静だった)




ブゥーンブゥーン




亀『わー、痛ぁーい。取れたー!治ったー♪』(棒読み)



時間がないが故に、このコーナーをあっさり終わらせようとする亀。
でもゆっちがペチンとやって、ちゃんと治療をしないと治らないと亀を叱る(笑)
その間も、『はいっ、はいっ』っておとなしくゆっちの話を聞いて、一刻も早く終わらせようとする亀。
そして、即座に「いー」の口でいつでも治療カモンな感じで待つ(笑)




亀『わかりました!じゃぁ、先生治療お願いします!早く早く!』


ブゥーンブゥーン



雄『どーですか?』
亀『はいっ!!』(早く終わらせたいの)
雄『調子いい?』
亀『調子いい!』
雄『では、続きは次回にしましょう。』
亀『あっ、力入りすぎてマウスピース欠けちゃった(笑)』
雄『じゃあ、また電話ください。』
亀『はい、わかりましたー!じゃー、このコーナー、終わりぃ~♪』


って言いながら、せこせことはけていったよ(笑)
ポツンと残されたゆっち。



雄『さっ、この空気をどーしたもんか。』



今日はね、いつもやるチューの口のボイパのときにゴホゴホと咳払いをしちゃって、それに会場が可愛いーってウケてた。
そして、それに照れるゆっちがさらに可愛かったんです。






●ノーマターマター

いつもは聖&たっちゃんで腰グリングリン回してるんだけど、今回はそれに田口も加わってたよ。
で、♪ノーマタマタマター♪でお尻ペンペンする亀梨さん。
さらに、♪ピース♪のとこで、お尻客席に向けて、お知りのトコでピース作ってやってました。
で、はけるときに『おれ、こんな下品なことやりたくなかったんだよねー』とか言いながら去ってった(笑)
うそだー、うそだー!
ノリノリだったじゃーん(*´∀`*)





●Going!

曲の途中で聖が亀に耳打ちしてて、きゃーってなりました。
ほんとはもっとメモに色々書いてあるんだけど、時間が経ち過ぎて意味がわからないのばっかり(苦笑)
だめね、すぐやらなきゃ。





●喜びの歌

『愛してるぞ、三重~~!!!』
って叫んでたのは誰でしたっけ?

♪君がいる素晴らしすぎる♪のとこで、亀が田口に抱きついてて、田口が嬉しそうに笑ってたよ。


亀『愛してる人ぉー?』
客『はぁーーーい!!!』
聖『おれが絶対一番愛してるぅ~!!!』


だ・よ・ね(´Д` )




●Peacefuldays

いつもバクステあたりでジャンプ合戦を繰り広げてる聖&たっちゃん。
今回は、いつまでジャンプし続けられるかっていうより、どっちがより高く飛べるかっていうのを競い合ってたような。
それにつられて、ゆっちもピョンピョン頑張ってたよ。




☆アンコール☆

まったく覚えてないー。
メモも取ってないー。
アンコールはいっつもメモとらないんです。
とにかく楽しかった記憶しかないの。


最後、メンバーがはけていくときステージに一人だけ残ったゆっち。



雄『車で来られてる方もいらっしゃると思うので、家に帰るときまで気をつけてくださいね。あのぉー・・・、一反道路に出るとぉ~・・・。あっ、イヤモニであまり引っ張るなといわれたので帰りまーす!ありがとうございました!』



一旦道路に出るとなんだったんだろう。
未だに気になって仕方ないの。










☆Wアンコール☆

きゃー!出てきてくれたよ!!



聖『そんなに呼んでくれたって、嬉しくなんかないんだから!』
亀『やべー、時間ない!!』
聖『亀ちゃんホントに時間ないんだけど。』
雄『みんな、家に帰ってテレビ見たら、亀が出てるのにびっくりしますよ!』
亀『だからさ!シャワー浴びていかないといけないからさ!早くしましょ♪早くしましょ♪』



ほんとに時間がなかったんだと思うんだけどね、しりきり『早くしましょ!早くしましょ!』って言ってる亀が可愛かったのー!!
余裕がない彼って、何であんなに可愛いんだろう。
それでもこーやって出てきてくれたことに感謝!


聖『じゃあ、このあと亀ちゃん出るから!GOING!!!』




●GOING!

もー、まったく記憶がないよ。
とにかく楽しかったー!!
あたしやっぱりライブ大好きだなーって改めて思ってました。
こーやって一緒にはしゃげることが幸せだよ。





以上、三重のライブレポ終わり。
あたしこの日ね、今年初めてのツアーってこともあったし、5人でライブってこともあって、一部が終わってから何か胸ん中いっぱいでご飯食べられなかったの。
食べたら吐いちゃいそうで(どんだけ)

でも、一部でモヤモヤして、二部入ったらすっごーーいスッキリして。
あー、KAT-TUNだ。
あたしの大好きなKAT-TUNだ!!
あたし、やっぱライブもKAT-TUNも大好き!って思って。



スッキリしたら急にお腹がすいて、ライブが終わってから友達と外で天むすおにぎり弁当がっついてた(笑)
そんな思い出の三重。
遠かったけど行って良かったよー!!!!
また、行きたい♪



さっ、簡潔レポができたかなー。
あたし的にはたくさん省いて頑張ったんですけど、どーですか?笑
やっぱり、読むの時間かかっちゃうんだろうな(苦笑)


そこはもう、ごめんなさーい。
category : LIVE  comment : 4  track back : 0

KAT-TUN LIVE TOUR 2010@三重5月16日1部


出来たー、三重のレポ!
すっごい遅くなったのに、今更アップしちゃうこの空気の読めなさ加減(田口のこと言えないや。笑)
いいんだー、アップするんだー。
空気なんて読んでたまるかー(ただ今若干反抗期)



これね、先日あげた広島レポより先に書き始めてたの。
だから、セトリも全部書いてあるし、ツアーの初めてのレポだから無駄に詳しくなってます。
ってことは、長いってことですねー(笑)



気力のある方だけどーぞ♪



入り口出口は“つづきをよむ”からです。

いってらっしゃいませ(`・ω・。)っノ
続きを読む








三重レポ、一部。



最初のモニターに映るメンバー紹介。
今回のコンセプトはねー、何なんだろう。
みんな戦闘服みたいなのきて(ファイナルファンタジーに出てくるような盾とか槍とか持って、何かのキャラクターみたい)、ジャンプしたりくるりんと回ってみたりしてる映像がメンバー紹介で流れます。



●FALL DOWN

OPはこの曲!!
これぞKAT-TUNって感じの登場&佇まいで鳥肌もんでした。
そうそう!これがKAT-TUNのライブなのよって感じ。
最初ステージ前面にブロックが積み上げられてて、一面壁になってるんだけど、それがドカドカーっと壊れてその後ろからKAT-TUNが登場。


亀「HEY!!三重ーー!!!」


聖がね、ラップのとこでちょーヘッドバンティング?(頭をブンブン振るやつ)してた(笑)
やっばい、こーきクレイジー!とか思ってちょっとときめいてしまったよ(*´∀`*)





●Real Face

仁パートはたっちゃんと田口で歌ってた♪
この曲、やっぱり盛り上がる!




●メンバー挨拶

聖「お前ら盛り上がってんのかよー!」
客「いえーーい!!」
聖「全然聞こえねーよ!!!!」
客「いえぇーーーい!!!」
聖「もっとーーーー!!!!」
客「いええぇぇぇーーーい!!!!」




雄「初めての三重なんで、楽しんで行きたいと思いまーす!!」



田口、聞き取れず(ごめんよー。)



竜「みなさん、おはよーございまーーす!!」
客「いえぇーーい!」
竜「おはよーございまーーす!!」
客「いえぇぇーーーい!!!」
竜「良く出来ましたぁーー♪」




亀「Hey 三重ーー!!」
客「きゃーーー!!!」
亀「もっと声出して行けぇーーー!!!」




●One Drop

♪飢えたこの体の真ん中を~♪のとこで、聖の胸から股間にかけてつつつーっとなぞるようにする亀。
その後、聖も亀にお返し。
サービス精神、旺盛なんです(笑)





●Keep The Faith

この曲の一番最後に、なぜかステージ中央にトコトコ歩いてくるたっちゃん。
そして、そのままちょこんと座る。
そしてなぜか、両手をスリスリこすり合わせて、何かを拝むフリ(笑)
そーしてたら、最後にバーンって花火が!!
たっちゃんが拝んだから花火が爆発、みたいな。
うん、たぶんそうだと思うんですが、意味がまーーったくわからなくて、でもとりあえず拝むたっちゃんがめーっちゃ可愛くって会場が沸いてました。




●Hell No

亀、傷つけあう~♪って歌いながら、「おい!三重、声足んねぇーぞー!」
そのあと、Make it harder~♪でCHU☆
最後のMake it harder~♪では、バーンと銃を撃つフリをして、ウインク。

わかってるんです、わかってるんです。
わかってるんですけど、悲鳴がでるんです(笑)




●Love Yourself

たっちゃん、フードをかぶって歌ってた。
亀かなー?歌詞間違えてた(ぷぷっ)
あとね、♪LA LA LA LOVE YOURSELF♪って仁パートをゆっちが歌ってたんだけどね、それがすっごい可愛いの!
もー、超可愛いのゆっち。
仁が帰ってきたときには彼とコラボするといいよね(*´∀`*)
それと、この曲の途中で亀がバックで踊ってるニカちゃんに絡んでました。



☆亀ドラム☆

亀ちゃん、ドラム叩けるのー!?!?
すっごいびっくりなんだけども。
そして、上手いのね!
びっくりしたー。
そして、ドラムを叩いてるとき、なぜか彼の色気が8割増くらいになる。
ドラム、叩いてるだけなんだよ!?
なんだけど、彼の表情がねー、なんていうかねー、色っぽくてね。
ファンの人たちって大体ツボ似てるのね。
『わっ、この亀の表情やばーーい!』ってあたしが思ったら、会場も沸く・・・みたいな(笑)
ほんと、ドラム叩いてるだけなんだけどなー、おかしいなー、あの色気。

でもね、すっごい色っぽいんだけどドラムを叩きながら『うぉいっ!』って掛け声を会場に亀が促すの。
それがなんとも可愛らしくて。
そして、『うぉい!』だと微妙に言いにくくて、勝手に『はいっ!』って変換してたあたし(笑)

最後の最後でスティックをくるりと回転させる!
フゥーー!って思ってたら、スティック見せて、『スティック折れた~(笑)』って言ってたよ。
そんなとこも好きー!!






●I DON'T MISS U(聖ソロ)

こーきー!!
ハット&黒スーツ。
かっこいいったらありゃしなーい。
Chapter1とかChapter2とか言ってたんだけどChapterごとにダンスの種類とか違ったのかな。
宙返りしたり、あとは組体操チックな踊りがあったりしたの。
二人が下で四つんばいになって、聖がその上に乗るってゆー。
『何プレイ!?笑』って言った隣の友達のツッコミを、あたしは聞き逃さなかったよ(笑)
最後は4人くらいが腕を組んで、聖がその上に乗って人間イスみたいなのもあって、KINGって感じのこきたんでした。





●One On One(聖&雄)

初めてライブで聴けたー!
最後ね、ゆっちと聖がお互いに向けてバイバイって手を振ってたよ。
ムビステの端と端に居てちょっと距離があるんだけど、そっからのバイバイが可愛かったです。






●Special Medley(ゆっち)

まさかのメドレー!
・SMACK
・Key of life
・Shooting Star
・Answer

Answerがね、すっごーーく良かったの。
バックの映像も虹色みたいに綺麗な色で、そこに赤ちゃんの影が映るんだな。
歌詞も浮かんでは消えて、浮かんでは消えてっていう風に映っていて。
それがすごく素敵で優しい気持ちになりました。
ゆっち、歌上手くなったよね!
最後のビブラートもすごく良かったし、なにより彼の歌声が透き通ってて、あたしはやっぱりナカマラーだと思いました。






●LOVE MUSIC(田口)

新曲だー!
明るい曲で田口らしいなーと思いました。
『♪明日天気になぁれ♪』って歌詞があるんだけど、そこで靴飛ばしをするようなフリをしてたり。
あと、センターステージの照明!!
鼻、じゃなくて・・・(間違えた、ごめんゆっちw)花のような模様のライトがクルクルステージの床に映し出されてね、すっごい可愛いの!


最後、歌い終わって『せんきゅー♪』と田口さん(笑)

淳『いやぁー、すごいね!!ところでTV見たい人ー?』
客『はーーい!!』
淳『じゃぁ、ぽちっ♪』


ここでスクリーンにKAT-TUN TVみたいな感じの映像が映し出される。






☆TVコーナー☆

・GOING
亀ちゃんが登場して、日曜日のGOINGの宣伝。
その横に、なんかいた(笑)
きっと、あれは、田口淳之介。


・必殺仕事人
今度は聖で、日にちは決まってないけど見てくださいと。


・ガリレオ
お次はゆっち。
雄『三重の高級松阪牛とかけまして、10円玉・100円玉とときます。その心はどちらもコウカ(高価・硬貨)です!・・・、うまいっ♪』
って宣伝(自分で上手いって言ってたわ、彼。笑)


・鬼太郎
これ何の宣伝か忘れちゃったんだけど(もはや、宣伝ではない気がするけど)、たっちゃんが鬼太郎のコスプレしてて、ゆっちが真っ白けになって一反もめんの被り物してて、やんややんやお話中。
で、おとーさーん!ってたっちゃんが呼ぶと、目玉の親父になった聖が(笑)
目玉の親父は体調が悪いらしく、『風邪っすか?』『腹痛っすか?』って鬼太郎&一反もめんが聞くと、『いや、ドライアイ♪』って(笑)


・J熱大陸
なんか、いろいろあるのね(笑)
今回は亀梨和也。
毎度おなじみ、情熱大陸の音楽が流れて亀がメイクされてる。
で、カメラを左のほうにツツーっと移動させたら、ドライヤーをかけてもらってる葉加瀬太郎になりきったゆっち(もじゃもじゃアフロのかつらをかぶってる)が、変顔しながらバイオリンをキコキコ弾いてるっていう。
ゆっちの顔がおかしすぎて大爆笑だったー!






☆TEN-Gコーナー☆

TEN-G軍団、登場ー!
聖&雄てんぐは前に出て色々とお話してるんだけど、他の3人が後ろのトランポリンでぴょんぴょんひたすら飛んでて可愛かったの。
たっちゃんなんか、手をパタパタさせて飛んでた。
亀は気をつけしたままぴょんぴょん♪


風船を使って山手線ゲーム。
お題に沿ったものを言わなかったら手に持ってる風船がどんどん膨らんでいって割れちゃうよって言う、お正月のスマスマでもやってたあのゲームですね。


今回のお題は赤!
赤西だけに、赤ー♪
こんなとこにじんじんを感じれるなんて(*´∀`*)
(ほんとは『三重といえば赤福』ってとこからお題が“赤”になったらしいけど、そんなの知らなーい♪笑)


以下、出た答えをちらほらと・・・


ポスト!
松阪牛!(これ、牛のことだと思ったのかなかなかOKが出なくて、聖かな?ゆっちかな?肉の方だよー!って叫んでた気がする)
カメラの光ってるやつ!(これ言ったのたっちゃんね(笑)タリーランプね、って聖に教えられてたよ)
赤井英和さん!(たぐちー!こんな答えOK出るわけがなくてブーブーなってた。笑)
血!
パプリカ!


ここらへんでゆっちが『余裕ある人は面白いことを言ってくださいー!』って。
それを聞いた亀が『えっとねー、面白いことでしょー。赤面白いことでしょー。面白い・・・』ってぶつぶつ言いながら前に出てきて、散々溜めたのに結局言った答えが、


広島カープ!(『それ、面白いことは言ってないよね』ってゆっちからツッコミが。笑)



えっとねぇー、えっとねぇー!
赤てんぐ♪(って可愛く答えたのはたっちゃんです。)



回りまわって再び亀!



中丸のボクサーパンツ!
中丸のボクサーパンツ!
赤いんだって!!!!


って必死の訴えもむなしくバーンと風船が割れる。
これにカチンと来たのか、亀が暴走しだす(笑)



亀『お前ら知らねーだろー!!中丸のパンツな、赤色なんだぞー!気合入ってる日は赤いボクサーパンツなんだぞー!!!』


これでもかっ!ってくらいに亀が声を大にして言うもんだから、恥ずかしくなったのか、


雄『無駄にそういうこと言わなくていいと思うし・・・』(ぼそっ。笑)


そんなゆっちの気持ちなんておかまいなしに、『今日のパンツは何色ですかー?♪?♪』ってたっちゃんがキャピキャピ質問してた。


雄『でも、みんなに変だ!変だ!って言われるから、履くのやめたんです。』
亀『こいつ、最近グレーばっかなんだよー!!!』


ちょっと不満そうに叫ぶ亀。
でも、彼の暴走はまだまだ止まらない。
急にくるっと客席のほうを向いて、


亀『今日、赤いパンツの人ー!?!?』


と、会場にいるお客さんに向かっておっきな声で質問(大爆笑)
手ぇ挙げて!と言わんばかりに、自分が『はーい♪』って挙手しながら聞いてる。
即座にメンバーから『お前捕まるぞ!』『むっつりスケベ!』『あとで殴っておきます!』ってつっこみが入ってました。


ちなみに、亀で風船が割れちゃったのはこれで2回目らしい。
聖は『無傷です!』って言ってたよ。
で、亀梨さん。
さっきの下りから若干ぐでぐで(笑)
それをメンバーに指摘されて、ゆっちに八つ当たり!!するも、八つ当たりの最中に普通に転んじゃって、余計ぐだぐだな感じに。
暴走亀梨さん、好きだわー。





お次は、くるりんぱ♪
って説明しにくい。。。
壁みたいな板にぺったり張り付くTEN-Gさん。
カメラが一人ずつ抜いていって“くるりんぱ”ってして何かアクションするんだけど、たっちゃんが『んぎー♪』って感じの顔をくしゃーってさせた超ーー可愛い笑顔でこっちが『んぎーー!』ってなりました。
亀はあっかんべー。
聖&田口はウインクやらチュー顔やら。
で、最後はゆっちなんだけど、てんぐの鼻がポッキリ折れたまま笑顔でした(笑)


それから衣装チェンジのため中に入るんだけど、『宇宙に行ってタイムスリップ』するような感じ、らしい(ちょっと意味がわからなかったんです)
メンバーが口々に『宇宙へ行くぞー!』的なことを叫んでいる中、亀だけが『中丸のパンツは赤色だー!』って叫んでたよ(笑)


中央のスクリーンにはKAT-TUNが宇宙へタイムスリップしている様子が映し出されます。
落ちて行ってるような、泳いでいるような、そんなかんじで『うわあぁぁーー!』っていう感じ。
それから、一人ずつ色んなところから登場してパフォーマンス。
聖は上の方から下のほうへ、ツツツーとロープを下っていきます。
田口さんはアクロバットだっけかな?
たっちゃんは、忍者のポーズをして『ニンニン♪』とお祈り。
ゆっちはかっこよくダンス・・・、と思いきやパラパラ踊ってる(大爆笑)
しかもねー、無表情でものすっごい切れよく完璧に踊るもんだから、なおのこと面白かったです。
亀は上からアルミホイルみたいな衣装に包まれて(あれ、宇宙服?笑)登場。
5人が揃ったらダンスパフォーマンス。






●RESCUE

この曲でね、炎っていうか、火の玉見たいなのがボワッボォワッて出るんだよ!
かっこいいー!
あと、中央にガスバーナーみたいな装置があって、そっから炎が出るんだけど、その炎の色が変化したりしてた。

一人ずつのダンス。
たっちゃんが腰ぐりんぐりん回した後、チュパッ♪て投げキッス。






●Lips

この曲、いつもあの例のマイクスタンドが常備されてるんですね(笑)
プシューと霧が噴出すると同時に、アリーナのお客さんにかけまくる聖。
それを見て、ゆっちも亀もアリーナのお客さんにかけてる。
で、一通りかけ終わったら、今度は聖が亀ちゃんに向けて攻撃してたよ。
あと、亀がゆっち&田口かな?にめーっちゃ集中攻撃されてたんだけど、亀は気持ちよさそうに前かがみのつま先立ちしてて(マイケルみたいに)、かけられ終わったあとにクルッとターンしてきめてたよ。

この曲、基本的にメンバーがこーやってムビステでかけ合いしてるんだけど、そんな中一人ステージの安全地帯にトコトコ行って、ちょこんと座ってその様子を一人冷静に眺めていたのはたっちゃんです♪





●愛のコマンド

これはトロッコに乗ってやってくる!
トロッコ二列目だったから超近かったー!
もー、ゆっちが可愛いのね(特に後頭部あたり。笑)
きゅるんきゅるんしてたよ、みんな。







●GOLD

命はねーからなー!









☆MC☆


●三重はじめまして


雄『三重はじめましてですね』
亀『三重いいよねー!匂いが違う!!』
竜『自然の匂いがするよねー!!』
聖『あのね?他では言ってないんだけど、正直ここだけの話、三重が一番いい!!』
竜『わかるぅ~!』(この言い方の可愛いことったら・・・)
亀『何か、三重って美人な人多くない?』
客『きゃー!!!』
亀『美形・・・美形系統?美人系統?今、会場回ってて何度か、はっ!!はっ!!(色んな方向に首をやりながら、目移りしてる)ってなったもん!!』
客『きゃぁーーー!!!』
聖『いや、でもここからのパッと見、そーでもないですよ?』
客『えぇーー!?!?』(超ブーイングw)
雄『うそですよー!!聖は好感度上げたいの、下げたいの、どっち!?(笑)』
聖『うそうそ、みんな可愛いですよ。』
雄『今回初めて三重に来たということでね・・・』
亀『初めてKAT-TUN見る人多いんじゃないの?初めての人~?』
客『はぁーーい!!!』
みんな『おぉ~結構いるね~!!』
雄『初めての方がたくさんいるのに、「声出せねぇなら命はねぇからなぁ!!!!」(by聖)とか言われて、さぞ驚かれたでしょう。冗談ですからねー。』
聖『冗談ではないですけどね。まぁ命まで取るつもりはないです』








●ホテルの当たり外れ


亀『ってか、三重ちょー景色いいよね!!」
雄『おっと、話が90度変わりましたね。』
亀『昨日ホテルに泊まってたんですけど、海側と駐車場側の部屋があったんだよね。』
聖『そう!亀が先に部屋に入って、すっげーーー!!!きれーーー!!!とか言うから、俺ものすっごい期待して入ったのに、駐車場側で車とアスファルトしかねぇ(笑)』
亀『ほんと三重いいよね!海でしょ、森でしょ!で、俺今日朝4時くらいに外眩しいなーって目開けたら、海から朝日が昇ってくんの!!』
雄『生命のね。』
亀『朝日がキラキラー!!って。超いい!!俺あと一週間ぐらいいたいもん!!』
竜『俺なんか、アイドリングの音しかしない!!』
聖『田口も海側だったんだよね。で、温泉に亀と田口と俺と入るのに、田口が俺の部屋に呼びに来て・・・「あれぇー!?こっちしょぼくねぇーー!?!?」って(怒)』






●たっちゃんの好感度UP作戦その①

亀『俺ら昨日着いて、ほら今回キスマイがバックについてくれてるから、早めに入って、リハやって、ご飯食べて、部屋帰ったの11時とか?結構余裕あったからお風呂もサウナも入って、久々にみんなで裸の付き合いしましたよ!!』
聖『でも上田は来なかったよな?』
竜『俺は色々やることがあったんですよ!!ほらっ、三重、今日が初めてだから、いかにみんなを楽しませるかとかね♪』(超キラキラスマイルでカメラ目線)


たっちゃん、好感度アップを狙ってる様子。
ここで黙っていないのが、田中聖くん(笑)


聖『俺は逆に、みんなに今日会うためにサウナで解毒してた♪』(こやつもカメラ目線w)









● 聖はイイやつ

亀『俺と聖、10分くらいサウナ入ってね』
聖『俺もうデニム履いて、Tシャツも着て、完全に服着てんのに亀が、「あれー?もう出るの!?チッチッチツ♪(ウィンクしながら手でクイクイッてして誘うフリ)」ってやってくんの!!』
亀『そう、俺ちょー感動したんだけど、聖は水風呂入ってくんねって出てって、俺は露天風呂で寝っころがって星とか見てたの。昨日星が超綺麗で!!』
雄『あー、生命のね。地球を感じながらね。』
亀『そしたら、聖が出ようとしてるから、『サウナはーいろっ♪何服着てんのー!?チッチッチッ♪(ウインクしながら指をクイクイさせて誘ってる)ってね。』
竜『なになにもっかいやってー!今の!』(パタパタ亀に寄っていって可愛いの!)
亀『チッチッチッチ♪』


これがね、カメラ目線ででっかーーいスクリーンにアップで映るもんだから、お客さんきゃーきゃーしてました。
それを見た中丸さん。



雄『よっ、スター!!!!』

ゆっちが茶化すもんだから、エイッと亀がゆっちに蹴りを。

亀『そしたら聖、ほんっとに入ってきてくれて!!もう服着てたのに、こいつすごいイイやつだなって。』






●普通でいいんです


聖『中丸は夜遅くに合流したんだよね。』
雄『そうなんですよ、ちょっと仕事がありまして。』
聖『仕事があるだけいいじゃん!!俺らなんか、仕事がないから早く来ましたみたいな。』
雄『いや、そうじゃなくて!昨日たまたま仕事があって、タイミングの問題だから!それで夜中の一時半くらいにホテルに着いたんですけど、真っ暗だったから部屋によって海がどーのとか知らなくて。駐車場側だったんですけど、部屋入ってすっげーいい部屋!!って。20畳くらいの!!』
亀『昨日のホテルがすごかったの!一人ひとり、すごい部屋用意してくれてて。』



さっすがーー♪
やっぱり違うわーなんて思ってたら・・・



雄『でもあれですよね、すっごい部屋を用意してもらうと逆に使えないんですよね。荷物とか端っこのほうにまとめて置いてしまうんですよねー。』



うんうん、だからゆっちは好き♪








●利用できるものはとことん

亀『あ、これ知ってる?これ知ってる?あそこのホテルのフロント、電話したらアロマ焚けるヤツ借りれるんだよ!それで俺昨日アロマ焚きましたー♪』
淳『アロマぁ~!!!』
亀『ちょっ、おれみんなにアドバイスしたいんだけど・・・』
雄『今、田口すべりましたねー。』(気にしない、気にしない)
亀『ホテルに入ったら、まず机とかにある案内、ちゃんと読んだ方がいいよ!!!ホテル入ってさぁ、まず何をする?絶対ソファーとかベッドとか行くでしょ、どーせ!!!机とか、まず行かないと思うんだよ!!!』


急に亀ちゃん、すっごーーーい勢いで話し出した(笑)
でも他のメンバー、『別に~』みたいな感じだったの。
そこで亀ちゃん・・・



亀『だってぇー、俺が昨日ちゃんと案内見て、「あっ、温泉ある!」って気づいて誘ったから温泉だって入れたし、アロマだって焚けたし、枕交換だって出来たし!!!』
竜『えっ!?枕交換なんてしてるとこあるー?』
亀『ばぁーか!!枕、今、何種類もあんの!!』(もぅ、言い方が小学生w)
竜『そーぉなの!?!?』
亀『ホテルに寄ってだけど。こないだ福岡で泊まったホテルなんか6種類くらいあったし!』
雄『まじで!?みなさん知ってましたー??』
客『知らな~い!!!』


これを聞いた亀ちゃん、今度はお客さんに向かって何かを諭すように一生懸命説明しだす(笑)



亀『いい?同じ金を払うならさ、ちゃんと利用しないと!!!』(目が真剣w)
聖『これを聞いて、(前、亀のことをスター!ってゆっちが発言したのを受けて)仕事してて来るの遅くなった中丸と亀と、どっちがスターかって話ですよ。』
亀『俺ら今、めっちゃ庶民的な話してるよ(笑)』







●夕食

雄『でも聞いた話によると、みんな昨日はおいしいご飯を食べたんでしょ?』

ここでみんな一斉にに昨日食べたものを口にするもんだから、何言ってるか聞き取れない。
おいしいものをたくさん食べれたのがよっぽど嬉しかったんだと思うんだけどね、すっごーい嬉しそうにみんなそれぞれ食べたものを口にしてるの。
でも、誰が何言ってるか聞き取れない(笑)
とりあえず、『松阪牛食べましたー!』ってことらしい。


聖『4人で松阪牛食べましたー!!』
雄『あれなんですよねー。こっちの方って松坂ギュウじゃなくて、松阪ウシって言うんですよね?あれは何でなんですか?どっちが正しいんですか?』
聖『いばらキ、いばらギ(茨城)、みたいな違いでしょ??』
亀『おいしかったよねー、あのタン塩!!!タンッ!!!』


タンッて言いながら、パチンと手を叩く亀ちゃん(牛タンゲームの名残かな)


亀『なんか脂のってる系だったのね、薄切りのじゃなくて。(口大きく開けて、口の中に指入れて、喉の奥のほうを指して)この奥の方のタンで、韓国のり巻いて食べたら超おいしいの!!!』
雄『亀梨くん食べ方いっぱい知ってるんですよね。こないだも新潟で焼き肉屋いったんですけど、何だっけ?』
亀『サンチェ巻いてね!!』
聖『サンチュ!』


あはははは!!!
亀ちゃん、サンチェ!!!



聖『こいつほんとに店でも「あとサンチェ1つ!」って!本当に(サンチェさん)出てきたらどーすんの(笑)「上手(かみて)だよ上手!!」とか言って!」
雄『サンチェさんっていうのはKAT-TUNの総合プロデューサー的な人ですね。怒ると怖いんです。亀梨くんはね、詳しいんですよ!ツウな食べ方とかね。』
亀『おいしいの!やってみて!まずサンチュあるでしょ~、そこにお米乗っけて~、肉はカルビがいいかなぁ~!ちなみに、サンチュについてる味噌は使わないです!いいですね?』


こっから亀梨講座が始まる(笑)


亀『サンチュ、お米、お米~』
雄『お米、何層?笑』
亀『サンチュ、お米、カルビ~、で・・・、チャンジャ!!!!!で、あと生のニンニクスライス頼んで、丸く包んで食べるの。で、8割食べてお口の中に2割残ったくらいで、コメタンスープ(でしたっけ?)!!!コメタンスープを流し込むことで、雑炊みたいになるの!!!』(なんか、すっごい自慢気に話してたw)
聖『とりあえず、用意するもんがたくさんあって、面倒くさい!!』(おっと、バッサリ)
雄『今亀梨君が一生懸命説明しましたけど、みんな半分以上は覚えてないですからね。』
聖『みんな忘れちゃう。』
雄『でも、面倒くさいけど食べてみたらめっちゃおいしいです!これ、真面目な話、面倒くさいなーって思いながら亀が全部やってくれたやつを食べてみたんです。そしたらめーっちゃおいしいの!あながち、アレだわ!』



あながち、何だろう、ゆっち(笑)







●たっちゃんの好感度UP作戦その②

竜『俺、こーきのためにずーーっと肉焼いてた!!』


なぜかここで急に話に入ってくるたっちゃん。
そして、またまたカメラ目線でニッコニコ。
好感度アップ作戦です。
そーきたら、黙ってないのが聖(笑)


聖『ばーか!だって俺、みんながいねーと何もできないもん♪』



聖も負けじとカメラ目線でウインク。
それで会場、きゃーきゃーしてたら不思議に感じたんだろうね、ゆっちが・・・



雄『こーゆーのは良いんですか?逆に悪いんですか?』


って真剣に聞いてて、可愛かったのー。
良いに決まってるー!!





●バチが当たった田口

竜『俺、最後冷麺食べたかったのに、田口が早く帰ろうって言って食べれなくて、それでイラッときて「こいつ、まじバチ当たんねーかなー」って思ってたら、そしたらリハでRESCUEのとき炎がぶわぁってあがるとこあんじゃん?それでこいつ、ここ(後頭部指して)燃えてんの(笑)』


ウヒヒヒヒと笑うたっちゃん。
小悪魔だわー。


淳『そうなんだよお!!若干ここ、焦げてるからね!!』
亀『上田に優しくしないからバチが当たったんだよ。』
淳『違う違う!ほらっ、食いすぎたら今日動けないだろ♪』


って、田口も好感度UPしようとウインクするんだけど、なぜか会場が微妙な雰囲気に。


聖『好感度上げようとしてんのにすべってるからね!お前、好感度上げ方、下手すぎる(笑)』
亀『でも今回は危険なのも多いんですよね。豪華でありがたいですけどね。』







●お誕生日その①

ここで今回バックについてくれてたKis-My-Ft2が登場。


淳『Kis-My-Ftがね、2まで付けた方がいいのかな?』
聖『二階堂と藤ヶ谷以外、出てきてー!!』(こーき、なんでっ?笑)
北『どうも、こんにちはー・・・。』
雄『テンション低!!!!!!!』
北『こんにちはー!!!!!!』(頑張ってテンション上げた)
和『ちなみに今日は横尾くん誕生日です!おめでとー(パチパチ)ハッピバースデ~♪』


って歌いながらお客さんにも促す亀ちゃん。



♪ハッピバ~スデ~トゥ~ユ~
・・・ハッピバスデ~ディア横尾~♪



会場みんなで大合唱。
みんなでお祝いするのって楽しいよねー!



横『ありがとうございまーす!』
聖『ちなみに何歳になったの?』
横『24になりました!!』
和『同い年か!』
横『いや、1こ下です。』
淳『今のところ同い年だね。』
和『86年♪』(1986年生まれってことね)





●お誕生日その②

聖『今ふと思い出したけど、今日田口、入所日じゃない?』
淳『おぉー、そーだ!オーディション受けた日!!』
聖『“ジャニーズJr.田口淳之介”の誕生日ですよー!』


♪ハッピバ~スデ~トゥ~ユ~
・・・ハッピバスデ~ディア田口~♪
(ここ、亀だけチョロ之介~♪って歌ってたような。笑)



亀『うおぉーーい!!チョロ之介ぇ~♪』
淳『11歳になりました。』
聖『俺と1年違いなんだね。』
淳『ちょうど10年!!』
聖『そんなこと言ったら、俺なんかあとちょっとで人生の半分ジャニーズだからね!!』





●お誕生日その③

亀『知ってる?知ってる?あともう1つ誕生日あるのー!!』


急に話し始める亀ちゃん。
誰だろうって会場にいるみーんなが考えてたと思うんですけど。


亀『うちのぉ~、次男坊のぉ~・・・』
聖『カンケーなくねっ!?笑』(食い気味でツッこむ)
亀『次男坊のぉ~・・・』(引き下がらない)
聖『言わせねぇーよ??笑』
亀『次男坊の、こーじのぉ~、誕生日なんですよ!!』(言い切った!!)


めーっちゃ私事じゃん!!
ってことなんですけど、自然とバースデーソングが会場から沸き起こる。
お客さん、やさしー♪



♪ハッピバ~スデ~トゥ~ユ~
・・・ハッピバスデ~ディア~・・・♪

まで歌って、名前なんて言おうかって考えてたら、すかさず亀が


♪こぉ~じぃ~♪


って歌ってました(笑)
歌い終わった後は、こーじの代わりに亀が『ありがとうございます』ってペコリしてたよ。


亀『昨日こうじから電話がかかって来て~』
雄『いいの?普通に名前言ってるけど、こうじって・・・』
亀『もういいでしょ。どーせ、みんな知ってるでしょ!』
聖『知らないよっっ!!初耳だよ!!笑』
亀『昨日こうじから電話かかってきて(気にせず話す亀)、「あっ、もしもしー?」「もしもし、何?」「今日何の日か知ってる?」「えっ、知らない」「渉の誕生日なんだけど!」って、それで横尾の誕生日教えてもらったの!!こうじと渉、何度か交流があって。』
横『はい、仲良くさせてもらってます!!』




何か、びっくりー!!
意外な繋がりがあるのねー。




●お誕生日その④

聖『そーいえば、たっちょんも誕生日じゃない?』


ってことで・・・



♪ハッピバ~スデ~トゥ~ユ~
・・・ハッピバスデ~ディアたっちょ~ん♪



たっちょんいないのにね(笑)








●やっとこさ自己紹介

紹介しようと思ってKis-My-Ft2を呼んだのに、バースデーソング4回も歌ってその間彼らは後ろのほうで若干放置気味。



淳『ちょっ、俺らが楽しむよりキスマイせっかく出てるからさぁ?』


あぁ、ごめんごめん!とやっとこっから自己紹介。


亀『自己紹介してもらおうか、はい、藤ヶ谷。』
藤『はじめまして、Kis-My-FT2の藤ヶ谷太輔です。中丸君とガリレオ出させていただいてるのでみなさんチェックして下さい。よろしくお願いします!』
雄『(ちょこちょこ藤ヶ谷くんの隣に寄って行って)あのー、あの番組はガチで脳が鍛えられる番組なので!!』
聖『藤ヶ谷、百識も出てるよね?』
藤『 はい、百識も出てます。』
亀『お前テレビ、いっぱい出てるなぁ~。』
藤『いえいえ…(汗)』
聖『テレビっ子だっ!!!』
雄『そーゆー意味で使うの、テレビっ子って??笑』
藤『よろしくおねがいします。』



続いて千賀くん。



千『Sの千賀健永です。』
?『ちょっと!!急にSのって!!笑』
千『Kis-My-FT2のSの千賀健永です。』
聖『それだと藤ヶ谷、Fって言わねーと。』
北『Kis-My-FT2はKAT-TUNと一緒でイニシャルでできているので。』
聖『それならちゃんとKis-My-FT順に並べ・・・。』



って言ったら、並び替えのためにちょっとごちゃごちゃした感じに。



聖『あぁでもしょうがない。もういいよ(笑)』
雄『ちゃんとやれよ、ゴリラ!!』(やだ、ゆっちがヒドい♪)
聖『特技は襟足がない!』
千『はい、襟足ないです。』
亀『襟足がないのは美容師さんの特技だよね。お母さんがロデオボーイに乗るのが上手いんだよね?笑』
千『そおゆうのいらないです(笑)やめて下さいよ!!汗』
淳『千ちゃん、地元名古屋でちかいよね。』
千『はい、名古屋です!!』
淳『ナガシマスパーランド通るんだよね。』
千『家から40分です!』
雄『名古屋ジュニア』




続きまして北山君の紹介。


北『Kiの北山宏光です。』
亀『えっ、北山2文字あるの?KiのIは誰か居なかったの?』


ここでね、亀ちゃんを筆頭にKAT-TUNがすっごーーいKiの二文字について絡みだす。
北山だけKiで二文字ってことは、以前は誰がIしてたのかー、とか色々。
あたし、ここ、ちょっと凹んだ(苦笑)
かーめーなーしー!とか思って(笑)
これであまりにも現場がわちゃわちゃしてきたもんだから、



竜『お前ら、やめろやめろーー!!!』


と、たっちゃんがみんなの間にドカドカ入ってきてその話は中断。
それから後も、たっちゃんのフリで違う話に。
たっちゃーん、好きーー!!!



北『そのフリ、初めてでちょっとドキドキしました(汗)』
竜『俺、北山といっぱい遊んだことあるよ♪』(可愛い、なんか、可愛い)
北『はい!同じ高校で。』
竜『よく遊んだよね!俺の地元では、俺と宏光で“俺光”って呼ばれてたの!』(ニヒヒと笑う)
雄『“俺光”って、なんでお前だけ“俺”呼びなんだよ(笑)』




続きまして横尾くん。


横『Yの横尾渉です。』
亀『横尾渉ってすごい名前だよな!(横を渡る、ね)お兄ちゃんは縦尾渉?』
?『苗字違う!!それお兄ちゃんじゃねぇ!』
横『お兄ちゃん、横尾かけるって言うんです。』
聖『かける?じゃぁ横を走ってるんだ!』
亀『弟は、横尾落ちるとかなの?笑』
聖『横から落ちる!!』
雄『からって何だよ(笑)』




次は宮田くん。




宮『Mの宮田俊也です。』
聖『宮田に関してはまじでMだよな』
淳『Mっぽい』


こっからヲタ芸とかなんとかやってたみたいなんだけど、よくわからず・・・
で、宮田くんが田口に似ているという話で。


宮『ぼく、田口君に似てるって言われるんですよ。』
亀?『それって嬉しいの?』
宮『うーん・・・、正直ちょっと分らないです(汗)』(だ・よ・ねー)
亀『宮田ぁ、顔にニンニクついてるよ!?』
宮『これ、鼻です!!!!』



次は玉森くん。




玉『Tの玉森裕太です。よろしくお願いします。』
淳『玉ちゃんはごくせんだ!』
玉『はい、亀梨君とご一緒させてもらって。』
聖『あー、おれ、玉森のごくせん見たよ!!』
玉『本当ですか!?ありがとうございます!!』
聖『ま、それだけだけど・・・。』(こ・こーき??)
勝『感想なし!笑』
聖『感想はここで言うことでもないかなって。楽屋で♪』
玉『はい、後で楽屋でゆっくり聞かせて下さい!!』





メンバー紹介以上・・・!!
と、思いきや!?




亀『Kis-My-Ftでしょ♪』
全員『ありがとうございましたー!』
二『そうなんですよ!実は2もあるんですよ!』



二階堂くんを忘れてた(笑)
わざとだね、亀ちゃん。
そして、ここでもまた過去のメンバー構成について色々と絡んでくる。



亀『2があるってことは1もあるんですか?1は何?』
二『僕がいないバージョンです!!』
雄『二階堂の二が2っていうんだったら、どんなグループでも入れるの??』
亀『KAT-TUN2にもなれるってことでしょ?じゃぁなってみようよ!!』



ってことで、ステージ中央に、亀淳聖竜雄二で一列に並ぶ。



亀『どうも始めましてー!!KAT-TUN2でーす♪』



うぉぉーーい!!
って思って、これどう収拾つけるんだろうって思ってたら、



聖『KAT-TUNにしては揉み上げがひねまがりすぎかな!』



ってことで、二階堂くんの“もみあげ”がKAT-TUNには不向きだってことでKAT-TUN2は却下されました。
KAT-TUNはKAT-TUNがいいよー!!!




二『Kis-My-Ft2の二階堂高嗣です、宜しくお願いします。』
聖『俺、家まで送って一緒にご飯も食べたよねー♪』
二『はい!』
雄『何食べたの?』
聖『そんなに細かく必要ある?しゃぶしゃぶだけど。』
雄『へぇー!どんな肉??』(細かすぎっ)
二『めっちゃ美味かったです!』
亀『でもね、二階堂、その店は俺が紹介したの!』
聖『かっこつけたい時は亀に教えてもらったそこに行くの(笑)』








●世界のファンにこんにちは

亀『キスマイは今回、三重来てくれたけどね、本当はドームとアジアツアーをね、一緒にね。』
雄『あっ、残念ですけどタイ公演が無期限の延期になって・・・』
亀『今日、台湾から!違う!タイ!!タイから来てくれてる人いたよねー?』
全員『いたいたー!!!どこだっけー?』
竜『あっちだよ!あっち!!』


と、みんなキョロキョロ探す。
そしてとりあえず、コップンカーとかサワディカーとか口々に挨拶をしていました(笑)
かわいい、かわいい。



聖『今、一万人いる中の一人に向けてしゃべったよね(笑)







●中丸ブローテクニック

淳『Five今回もついてくれて。』
雄『上里君、身長高いなぁ!かっこいいなぁ、モデルもやってベースもする人ってジャニーズ初ですよね!!』
亀『中丸もすごいよ!!KAT-TUNやりながら髪ブローするからね!!』
雄『おいっ!!』
亀『ちょっ、聞いて!こいつのブローすごいんだよ!!』




と言い出して、ゆっちのブローについて勢いよく語りだす亀。
ジェスチャーも交えて、すっごい一生懸命話してる(笑)


亀『こいつね、こーやってドライヤーを机の上に置くの!で、その前でくし持って髪セットしてんの!』



状況を説明すると。
まず、ドライヤーは手に持つんじゃなくて机に置くらしいです。
そして、ドライヤーの風が当たるところまで自分の頭を持っていきます(机の上だから、かなりかがんでブローしてる感じ)
なぜそうするかというと、ブロー用の丸いくしがあるでしょ。
それを使ってブローするために、両手を空けておかなきゃいけない。
だから、ドライヤーは手に持たず机に置く、ということなんですね。


これを面白おかしく説明してる亀を見て・・・





雄『余計なことは言わなくていい!!照』


やーん、照れてる♪


雄『女性の方って、(くしを使ったブローって)どーしてるんですか?』(こんな質問をファンに聞くアイドル)
亀『ドライヤーにクシついてるやつは?』
雄『あぁ、あれ痛む!!(即答だった!)アジアツアー楽しみだけど湿度が心配ですよねー。』
亀『ストパーしたら?』
雄『ツンとなるからだめ!!』
亀『俺はパーマかけたい♪』
客『えーーーーーーーーー!!!!』(お客さんから大ブーイングなんだけど!笑)
雄『俺からしたら、パーマかけたい発言、イラっとしますけどね。』



ゆっち、髪の毛で色々悩んでるんだなー。
そんな気にすることでもないのに。
とか言いつつ、ライブが進むにつれてボリュームアップしていくゆっちの髪の毛を見て、かわいーかわいーと笑っていたのはあたしです(笑)
違うの!変なんじゃないの!!
可愛いんだよ!!!
好きなんだよ!!!
そこもゆっちの良いところなのになー。
あれだよ、“君が嫌いな君が好き”的な?笑







●2までどーしても言えない田口

ここまでかなーり放置されてるキスマイのみんな。
そろそろ・・・という空気の中で。


亀『じゃぁ、歌ってもらおうか!』


今まで放置されてたのに、急に話を振られて戸惑うキスマイのみんな。


藤『こおゆう感じちょっと久しぶりですね!GWまで自分たちのライブやってたので、登場してから下がっている感じが久しぶりなのと、なんか今一気に目線もらう感じが久しぶりというか(汗)』
聖『じゃぁ立ちっぱなしもなんだから、もうハケてもらいましょうか!!!』
キスマイメンバー『いやいやいやいや!!!』
亀『Kis-My-Ftで歌うの?』
二『2!!!!!』(忘れちゃだめだよねー)
聖『声をはるな!!』
亀『紹介するときはちゃんと2までいわないとだめな感じなの?』
二『はい!あの今まで一回も2まで言ってくれたことがないんです、田口くん。』
淳『言ってない!?あーっ・・・・ごめんっ。』
聖『じゃあ、田口に紹介してもらお♪』
淳『まずはFiveだね?』



ってことで、これからの曲紹介について打ち合わせしてるんだけど、今までそんな打ち合わせをしてなかったのか、ごちゃごちゃあたふたしてて、会場が変な空気になる。



聖『空気悪っ!笑』
雄『知~らねっ♪』



って、KAT-TUNのほかのメンバーは田口を置いてハケてしまう(笑)




藤『ステージ上で打ち合わせする感じが・・・(笑)』
淳『あぁ分った!じゃぁこれから聴いてもらいましょう!・・・ごめんね?本当。。』
横『あの、すみません!大先輩ですけど、何か宮田みてるみたいです(笑)』
淳『ごめんごめん、しっかり締めるわ!それでは聴いてもらいましょうFive&Kis-My-Ft!!!』(言いながら立ち去る)



たぐちーーー!!!
2、忘れてる!!!
さっき散々言ってたのに、2忘れてるー!!
キスマイのみんなから『2!2!!』って総突っ込みいれられてた、先輩たぐっつぁん(笑)











●THE D-MOTION

Mステと同じサングラスパフォーマンスを亀がしてくれたー!
ふぎゃーふぎゃーとうるさかったよ、あたしが(笑)
ほんと、この曲テンションあがる!

曲終わる瞬間に、亀が♪ナチュラルに恋して~っ♪って歌いだす。
即座に「ちがう!」ってゆっちに突っ込まれてたけど。





☆カップリングメドレー☆


●Way of love

マイクスタンドで歌う。




●Message for you

手話みたいな振り付けがあるんだよ。
あれはどんな意味があるんだろう。
周り見たらお客さんも一緒にちらほらやってたよ。




●7 days battle

きゃー、来た来たー!
今年これ歌うのね?って感じだけど(笑)
でもこの曲すっごい好きだから嬉しいー!




●On My Mind


●On Your Mind

あのね、熱唱する亀の首筋がやばかったんです。
うん、それだけです。



●SHOT!

間奏のとこで亀と聖がペンギンみたいなポーズしてクルクル回ってるのが可愛いの!
で、最後は亀が膝まづいて聖にゆーっくりカンチョーしてんの(笑)
あと、最後ゆっちがへんなポーズしてたよ。
あのー、「おぉージュリエット!」って言ってるようなポーズ。
片膝ついて、手を伸ばしてるのね。




●Rabbit or Wolf

たっちゃんソロー!
超好きなんだけど、この曲!
歌詞はねすごく考えさせられる内容なの。
そして早口で歌わなきゃだからたっちゃんよくかまないなと感心してる。
この曲についてもっと詳しく書こうかと思ったんだけど、もーすぐアルバムも発売されるのでやめときまーす(笑)




●Lost mw way

あのね、あたしのメモにね、「ド    ラキュラ」って書いてあった(笑)
亀ソロがロスマイっていうのはネタバレで知ってたんだけど、ドラキュラっていうのは知らなくて。
びっくりしたんだろうね。
“ド”と“ラキュラ”の間がかなり空いてたよ。


もーほんと、表情がヤバイの亀ちゃん。
この子、どこの子!?笑


キスマイの子達と絡んでいくんだけど、間奏前に本格的に血を吸われちゃう子がいて(笑)それがね、すっごいいいの。
亀が首筋に吸い付いて、髪の毛とかぐしゃぐしゃーってやって、吸われる子はビクビク痙攣してんの。
あっはーー。
やーばーいー!!!
これ、なんか、今、初めて文字に起こしてみて気づいたけど、やっばーーーい。
いいのかな、いいのかな。
これ、このまま書いてていいのかな。
うん、知~らない♪


バンッ!て銃で撃たれるところがあるんだけど、少し時差があって(笑)撃たれたー!って思ったら、銃弾を体内から
取り出してパンッ♪って手の中で小さく爆発させてニヤっとする亀ドラキュラ。
たまんない。
最後の最後はみんなに担がれて、またおろされて、ニヤッと笑ってガクンって死んじゃうんだけど、もーそれすらもかっこいいっていう。
亀ってほんと、みんなが求めるものがわかってらっしゃるよな。



そんな妖艶な空気が一変、白衣とマスクをつけたゆっちが登場。





雄『次の方どうぞ~。』


亀、ゆっちを無視してキスマイの子達と『はい、お疲れ~!』ってハイタッチしてる。


雄『次の方どうぞ~。』
亀『襟あしないんだね、食べるときやりやすかった♪』(まだゆっち無視)
雄『次の方どうぞって言ってるんですよ、亀梨さん。』
亀『知り合い?』(ゆっちを指差して、ジュニアの子に聞いてる)
雄『知り合いも何も、うちの歯医者を予約されて、待ち受けカード出されて、次の方って呼ばれてるのに、いい加減待合室で騒ぐのやめてもらっていいですかね?』
亀『撤収!お疲れでした~♪』(またまたゆっちを無視してジュニアの子にバイバイしてる)
雄『お疲れでした~って、亀梨さん!』
亀『オレ、こーゆーの必要ないと思うんですけど…』
雄『それはサンチェさんに言ってください。』



これ、サンチェさん考案なのね(笑)



雄『何度も言ってるじゃないですか。反省してますか?』
亀『はい、聞いてますよ!こう見えても、一応 Going!なんで♪ご・ご・ご・ご・ごーいんぐ♪』
雄『はい、それふざけてるね。一人ならまだ怒りがいがありますけど、なんで今日は友達連れてきた?しかも新しい顔ぶれ。』
亀『キスマイフットのツーです♪♪』(キャピッ)
雄『グループ名はいいから!なんで病院で騒ぐのかってことですよ。しかもね、調子に乗って宙に浮いてたでしょ、ば~んとなって!あれやめてくれる?』
亀『あれ、本当はもっと遠くにいきたいんですけど、レールがここまでしかないので。』(何か、一生懸命ゆっちに説明してたよ)
雄『歯の治療に来たんでしょ?』
亀『はい、じゃあお願いします。』
雄『歯ぐきから大量の血がでていますよ?』
亀『歯ぐきは田口でしょう。』(はぐき!って仁がよく田口のこと呼んでたな)
雄『そうですけど。ほら口から大量に血がでていますよ。』
亀『Everyday Everynight~♪のえぶぃ~♪の時に。』(歌いながら唇に歯が当たるのをアピール)
雄『では削りましょう。』
亀『はぁーい!はぁーい!』(わっ、可愛い)



って言いながら、両目をギューっとつぶって口をイーって空けてる亀。
ちょー可愛いの!
びっくりするくらい可愛いの!
怖いよー、怖いよー!って感じが伝わってきてね、あたし転職して歯医者さんになろうかと思っちゃったくらい。


痛いのを我慢するために、自分の手をギューとつねってる亀。


雄『我慢しなくていいんですよ!』
亀『いや、つねってる手のほうが痛いんで!』



ブゥーン、ブゥーン(削ってる)



亀『うわぁっっ!!!』



って急に叫んで、そのまま後ずさりする亀。
どーしたんだろうって思ってると。




亀『このコーナー、早く終わらないと怒られるし、ネタがわかんなくなっちゃいました(笑)』
雄『いや、そんな感じでいいんじゃないかなー。つかめないコーナーってことで。』(ゆっちが優しい)
亀『今日ちょっとこんな感じで!伊勢海老とって来ますんで。ガウッって♪』



って、ドラキュラの牙見せてガウッってやってる亀ちゃん。



亀『あー、やりきれなかったなー、今日・・・』


って言いながらトボトボはけていく。
ステージに取り残されたゆっち。


雄『オレが一番やりきれてないって。。。』







☆ボイパ☆

ブゥーンとかって歯医者の音を色々と出すゆっち。
すごくないすごくない?
で、ボイパの途中に、『中丸クリニック。完全予約制です♪』ってセリフを入れてたよ(笑)
前のコンサートでもやってたみたいな、チューの口をして音を出す。
これをね、マイクなしでやるの。
『これって後ろのほう聞こえます?』って聞いてたよ。






●ノーマタ・マター

TEN-Gで登場。
聖とたっちゃんが腰をゆーっくりクネクネしてた。
エロいっていうより、怪しかった(笑)

途中、メンバーが立て一列になってぴょこぴょこ左右に顔を出していくとこがあるんだけど、ソロ終わりで着替え終わった亀がパァーッて登場してニパッって可愛い笑顔でカメラ目宣するのが可愛かった。

あと、亀とたっちゃんがお尻フリフリしながら踊ってたよ。
踊ってたって言うか、お尻フリフリしかしてなかったけど(笑)






●Going!

たっちゃん、ちょんまげで登場してた気がする。
曲終わりに、ゆっちが『GOING!絶賛発売中♪』ってアピールしてたよん(笑)
Mステの様にゆっちパートで絡みにいく亀。
仁亀を筆頭に、KAT-TUNはナカマラーですなー。




●喜びの歌

♪愛してる~♪のとこで、亀が『愛してる人ぉー?』って会場に聞く。
『はぁーーい!』って元気良く答えるお客さん。
そして、もう一人。
『はぁーーーーい!!!』って元気良く手を上げてたのは田中のこきだったよ(ほんと、亀大好きだな)




●peacefuldays

亀が“KAT-TUN”を一文字でやってたよ。
ぴょこぴょこ飛びながらやるのが可愛いんだ。

ここでジャンプ合戦になるのは聖とたっちゃん。
この二人はいつも元気いっぱいなんだよね。
なんなら、曲が終わってからもずーっとぴょんぴょん飛び続けてましたけど(笑)





●僕らの街で

この曲を最後に持ってくるんだ。
普通に考えれば、当たり前の選曲だと思うんですけど、今の状況だから変に考えちゃったりもして。
ここで涙が止まらなくなってしまったわけですよ。
もー、KAT-TUNがよくわからーんって。
二部からは大丈夫になったけど、一番最初はこたえました。






☆アンコール☆

泣いたり笑ったりで忙しかったのでメモとれず(苦笑)


●SHE SAID

●Jumpin'up

●SMILE


キスマイメンバー紹介のときに、亀がニカちゃんだけ名前を呼ばず『ツー!』ってよんでた(笑)


最後の挨拶。
上のような状態だったので、ほとんど覚えてませんが印象に残ってるとこだけちょこっと。




●聖

『色々心配かけてごめんね?おれはすごい楽しかったけど、みんなは楽しかった?』

客『わぁーーー!!!』

『みんなが楽しかったならそれが一番です!(こーきぃーー!!!)これから何年、何十年先もずっと応援よろしくお願いします。』




●たっちゃん

『みんなが後ろで支えてくれるから、僕たちは前に進めます。これからもよろしくお願いします。』




●亀

『KAT-TUNにとってライブという場所はとてつもなく大事な場所だなというのを改めて感じました。』




なんかね、この亀の言葉でね、今回どーしてこんな状況になっちゃったのか分かる気がした。
KAT-TUNとしてのライブも仁のLAのチャンスもどっちも捨てることが出来なかったのはなぜなのか。
KAT-TUNがKAT-TUNとしてこれから大きく進んでいくためには、どっちも必要なことなんだろうなって。
こんな状況でも、ツアーをするのを決断したのは、ファンと触れ合える“とてつもなく大事な場所”を失くしたくなかったんだ。

ライブやってても思ったもんね。
どんな状況でも、KAT-TUNとファンにとってライブって場所は必ず必要なんだって。
だって、すっごーーーーい楽しいもん。
うん、だから、この亀の言葉で彼らの思いがちょこっとだけ伝わった気がしたの。



『みなさんはぼくらにとって強い味方なので、これからもそうであってくれたら嬉しいです。ぼくらもみなさんにとっての味方で居続けられるようにこれからもやっていきたいと思います。手を取り合ってこれからも一緒に進んでいきましょう。』




一人ひとりの挨拶が終わって、KAT-TUNみんなで手をつないで挨拶。
だけど、ゆっちだけ一人で色紙を投げてる(笑)
そんなゆっちを、じぃーっと見ながら手をつないだまま待ってる4人(可愛いんだよ、この図)
それに気づいたゆっち、『わかってるよー!』ってトコトコ4人の下に戻っていきました。



挨拶が終わってからも、まだ色紙を投げてたゆっち。
一番最後に投げた色紙が、ぴゅーーーんってものすっごーい飛んだの。
それを見て会場が『おぉーー!!』って沸いたのね。
そしてたらゆっち、去り際に・・・



雄『色紙っていうのは、案外飛ぶんです!みなさんお気をつけてお帰りください。』


って言いながら帰って言ったよ(笑)





さっ、三重一部レポ終わりー。
めっちゃ時間かかった、これ(苦笑)
書き始めてから書き終わるまでに、20日くらいかかった(放置しすぎね)


よし、二部も頑張って書こう。
MCが可愛かったからね、書きたいの。
category : LIVE  comment : 0  track back : 0

地球のための1クリック募金
つなビィ
プロフィール

さゆりん♪

Author:さゆりん♪
はじめまして☆
田舎に住む20代(も曲がり角)の女の子。
赤西さんちの仁君にめろーーりんこ。
彼の一言一動にやられまくっている日々でございます。
仁と同じようにKAT-TUNも大好き!!
KAT-TUNファンなら何でもうぇるかめ(*´∀`*)
英語大好き♪旅行大好き♪
面倒くさがりなうえマメじゃない。
こんな私がブログなんか続くはずがないのですが(現に一年以上のブランクあり)、とりとめもなく不定期にマイペースでやっていこうかなと思ってます。
お友達募集中です☆
詳しいプロフィールはこちらから
随時、更新・・・するつもりです(笑)


PRIVATE DIARYはこちらから
PHOTO DIARYはこちらから

お気軽に声をかけてください♪

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
FC2ブログランキング
ランキング参加してます!
ぽちっ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。